HOME > SOUL > いま、世界一周の途中。 > Vol.36 氷の大地 Iceland/アイスランド 写真家・竹沢うるまが切り撮る“現在の地球” いま、世界一周の途中。

画像

Vol.36
氷の大地
Iceland/アイスランド

写真家・竹沢うるまが切り撮る“現在の地球”
いま、世界一周の途中。

 アイスランドを訪れる前、正直、そこに何があるのかあまりよく知らなかった。名前は知っていたけれども、持っているイメージは何もない。それでもこの国に行きたいと思わせたのは、その国名にある。アイスランド。氷の大地。その響きは旅人の好奇心をくすぐるには十分である。

ロンドンから飛行機に乗り、アイスランドの首都レイキャビクに向かう。深夜のフライトだというのに、窓の外は明るい。空港に降り立った時はもう午前一時過ぎ。太陽はかろうじて地平線にかかるかどうかのところにあり、空はオレンジ色に染まっている。訪れたのは6月。この時期は白夜の季節。夜になっても真っ暗になることはなく、深夜のほんの数時間、薄暮の時間帯があるだけである。夕焼けはそのまま暗くならずに朝焼けに変わり、午前3時には眩しい朝がやって来る。

訪れた季節は夏。それでも吹き付ける風は冷たく寒かった

陽が沈まぬ氷の大地を駆け巡る。多くの火山が点在する島は、その活動により隆起し荒々しく波打っている。流れ出た溶岩は黒く固まり、その上を北極から吹き付ける風が通り抜け浸食して、また新たな地形を作りだす。冬には雪が降り、それがやがて氷となり氷河となる。氷河は何万年もの時間をかけて静かに移動を続け大地を削り、また氷河が溶けた水は無数の川となり滝となり島中を網の目のように走り、その水を頼りに夏になると植物が島を覆う。島に押し寄せる波は火山岩が砕けてできた黒砂を運び浜辺を作り出す。

アイスランドを旅していると、この地球という星が歩んで来た時間の積み重ねが容易に想像できるような気がして来る。どうやって島が生まれたのか。なぜ川や谷ができたのか。人間の時間軸とはまた違った自然の時の流れがこの大地にはあって、その中に身を置くと不思議といろんな悩み事や心配事が消えて行く。自分が持つ価値観が、まるでちっぽけに思えて来る。

アイスランドという国は、まさに自然そのものだと感じた。形容する言葉はなく、ただそこにある自然。その中に身を置くことで本来の自分の姿を思い出すことができる。

氷の大地は、雄大であった。

 

写真家・竹沢うるまは今現在、陸路での世界一周の空の下にいる。2010年3月に東京を出発し、アメリカからスタート。中米、南米、アフリカ、ヨーロッパ、中近東、アジアを巡り、日本へと帰る旅。帰国は2011年、場合によると2012年になるという。
目的は“現在の地球の姿”を、その若く瑞々しい感性で写真で記録すること。この連載は、地球のどこかを旅するうるまから届く、生の写真とエッセイをお届けするものだ。 さらに、うるまが本当のゴールとするものは、30年後に再び同じルートで世界を撮影して巡り、写真を比べること。そして、ひとりの人間の半生の間に、地球はどこに向かったのかを映し出すこと。

「私たち人間は、この地球という星のことを、一体どれだけ自分の言葉で語れるでしょうか。“ボクらが生まれた星”はいったい今どんな姿なのか、ひとりでも多くの人に伝えたいと思います」――竹沢うるま

 

画像

竹沢 うるま
1977 年生まれ。写真家。「うるま」とは沖縄の方言でサンゴに囲まれた島の意。出版社のスタッフフォトグラファーを経て、2004 年独立、URUMA Photo Officeを設立し活動開始。雑誌、広告の分野で活躍し、海外取材は通算100回を超す。世界中の自然を主なフィールドにする自然写真家。現在、世界一周の旅を敢行しながら作品を寄稿中。立ち寄った国はすでに10カ国を超えた。
公式サイト www.uruma-photo.com

著作物
写真集「URUMA –okinawa graphic booklet-」(マリン企画)、「Tio's Island ~南の島のティオの世界~」(小学館から2010年7月20日に発売)。その他ポストカード、カレンダー等。
個展暦
2005年「TWILIGHT ISLAND」(DIGZ原宿)、2007年「Rainbow's End」(Palau Pacific Resort)、2007年「URUMA -日本の異次元空間を旅する-」(丸善・丸の内本店)、2008年「Tahiti ~タンガロアが創った島々~」(PENTAX FORUM)、「Tio's Island」(大手町カフェ) 、2009年「Tio's Island ~南の島のティオの世界~」(KONICA MINOLTA PLAZA)

Back Number

いま、世界一周の途中。

このカテゴリーのインデックス

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂