HOME > SOUL > CHALLENGE > Team UKYO 新体制を発表! 2年目のロードレースチームが頂点を目指す

画像

Team UKYO 新体制を発表!
2年目のロードレースチームが頂点を目指す

今年で設立13年目を迎える片山右京率いるTeam UKYOが、2月20日新体制発表記者会見を開いた。モーターレース、登山、ロードバイクなど、多岐に渡る挑戦活動を続けているTeam UKYO。ロードバイクチームには新メンバーを加え、JBCF(全日本自転車連盟)2013シリーズ優勝を目標に掲げたほか、GTシリーズに参加中の初音ミクGTプロジェクトが王座奪還を宣言するなど、それぞれのチームメンバーが意気込みを語った。

真っ白なチームシャツにインディゴジーンズ姿、そして軽快な足取りでステージの上に立った片山右京。「僕たちはスポーツとしてトップを目指すという究極の目的を果たすと同時に、自分たちがやっている活動に社会性を持たせ、必要とされる存在であり続けることが重要だと考えています。また全力で戦うことで自分たちを磨きながら楽しみたいという思いでこの活動を行なっています」と、引き締まった表情で記者会見冒頭にこう挨拶した。

最初に登場したのは、“ファンと共に走るレーシングチーム”をコンセプトにGTシリーズに挑戦し続ける初音ミクGTプロジェクト。今年もスポーティングディレクターを片山右京が務める。同プロジェクトを展開するグッドスマイルレーシング社長の安藝貴範は、「もともとF1が好きで、片山右京さんは雲の上の存在としてテレビでその活躍を拝見してきました。僕たちは『日本を元気にしよう』という思いから、グッドスマイルレーシングの活動を始めました。今年はベテラン勢を中心にシャープな新体制で、全日本でのチャンピオン奪還を目指します」
同チームは、個人スポンサーを募るというユニークな方法で活動を行なっており、昨年は約1万4,000人から活動資金を得ることができたという。チームからは個人スポンサーに向け、SNSを駆使して情報発信を積極的に行ない、レースの臨場感や勝利の喜びを共有している。ファンがチームの一員となって、モータースポーツの持つエネルギーを分かち合うという、新しいスタイルを確立している。

未来を担う子どもたちへのサポート活動も充実

ウォールクライムに、キャンプ、ツーリングなどを通して、子どもたちのスピリッツを育成する「片山右京チャレンジスクール」は今年から名称を「Team UKYOチャレンジスクール」に変更し、新たな活動を計画中だ。Team UKYOチャレンジスクールの林秀美教頭は「頑張ることは恥ずかしくない、絶対諦めない。諦めなければ夢は必ず実現する。これらのことを次の世代である子どもたちに体感しながら学んでもらおうと発足し、今年で5年目になります。通常プログラム以外に、被災地を回って、被災地の子供達に元気になってもらうための活動も続けていきます」と活動内容を報告した。「また神奈川県相模原市にある旧小学校をTeam UKYO藤野ベースとして設立します。廃校となった建物をお借りして、自分たちの手で手入れをしながら、活動拠点となる施設を作っています。みんなでペンキを塗ったり、廃材を片付けたり、本当に手作業で進めていくもので、完成後はプロのロードレースチーム選手の拠点としても機能させる予定です。さらに藤野町をベースに活動していくなかで、町の人たちとも協力し合いながら、自転車をベースにした町おこしを考えていきます。



サーフィンの国内ジュニア選手権、世界ジュニア選手権優勝など、目覚ましい活躍を遂げる北沢麗奈選手。
テクニカルアドバイザーを務める今中大介・インターマックス代表。

また同チームでは世界を舞台に活躍するジュニアプレーヤーたちのサポート活動を行なっている。2013年も昨年に引き続き、チーム右京からレーシングカートの福住仁嶺選手(16歳)、マウンテンバイクの中村千鶴選手(17歳)、サーフィンの北沢麗奈選手(18歳)の3人がTeam UKYOから世界の大会に挑む。記者会見当日は、サーフィンの北沢選手が登壇。「今年は日本のジュニアのチャンピオンを目指しています。世界の大会にも積極的に出場してたくさん経験を積んでワールドチャンピオンになれるように頑張ります。3年後には、ここで、タイトルを取ったという報告がしたいと思っています」と初々しい笑顔を披露してくれた。
「僕も彼らと同じ歳の頃、F1ドライバーになりたいという思いを伝えると、周りの人たちから大笑いされた経験があります。それでも応援してくれたり支えてくれたりする人たちがいたからこそ夢を実現することができました。ですから、世界で活躍し、夢を追いかける若い選手たちを今度は僕たちが応援していく番です。そしてその姿が、さらに若い世代のチャレンジ精神を刺激するきっかけになればと嬉しいと思います。

海外で鍛えた土井選手を迎え、目指すは世界!

記者会見の最後に登場したのは、自転車ロードレースUCIコンチネンタルチームだ。昨年に引き続きテクニカルアドバイザーを務めるのは、日本人として初めてツール・ド・フランスに出場した経験を持つ今中大介・インターマックス代表。「右京さんとは歳が同じで、ちょうど同じ時期に世界でそれぞれ戦っていました。僕も右京さんがF1で戦う姿を見てききましたが、まさか右京さんが自転車を始められるとは感慨深いです(笑)。ちょうど5年くらい前に自転車ブームが起き、競技自体の認知度も高まりましたが、世界で戦える日本人選手はまだまだ少ないのが現状です。もっと世界に近づいていくために、世界を舞台に戦ってきた右京さんの存在は大きいと思います。そして今回は、新たに新選手が加入しましたし、チームの活躍にぜひ期待していただけたらと思います」
今中・テクニカルアドバイザーのいう新選手とは土井雪広選手のこと。日本人初のブエルタ出場を果たすなど、海外でのレース経験豊富な選手だ。この土井選手と、国内外で豊富な経験を積んだキャプテンの狩野智也選手を中心に、メンバーは若手からベテラン選手まで揃う11名体制となる。目指すは全日本選手権優勝だ。
「日本一の土井選手が入ったことで、2人でチームを引っ張っていきながら、日本選手権という日本で一番ビッグなタイトルを防衛したいと思います。日本では必ず一番を、そして世界に向けて挑戦していけるようなチームになっていきたいです」と狩野キャプテン。
土井選手は「9年間ヨーロッパのトップカテゴリーで競技を続けてきました。今回Team UKYOに所属したことで、新しい仲間にこれまでの経験を伝えて行けたらと思います。そして一人ひとりが主役になれるチームを目指し、世界という2文字につながるような結果を残していきたいです」と力強く語った。
新体制としての初戦は4月14日「伊吹山ドライブウェイヒルクライム」で、全日本選手権を含め、年間約20試合を戦う予定だ。

国内外で豊富な経験を持つTeamUKYOキャプテンの狩野智也選手。
ヨーロッパでの経験を糧にチームを勝利に導くための絶対的エース、土井雪広選手。

またTeam UKYOは、今年、片山右京の活動に共鳴し、その活動を応援し、ともに活動するための「Team UKYO Spirit」という新たな会員を募集する。一般参加者も加入できるクラブチーム「Team UKYO Reve(レブ)」も積極的に運営。アマチュアながら本格的にレース参戦を目指す。片山もこのReveでレースにエントリーする。自転車の楽しさ、マナーや安全性を含め、トップクラスカテゴリーまでの登竜門となるReveでは、随時トライアウトを実施中だ。こうして個々が持つ目的や、チャレンジ精神に応じて、様々なチームを組織されたTeam UKYO。それぞれの活動がやがて大きな潮流となり、チーム全体の結果につながっていくのだろうか。今年もTeam UKYOの活動から目が離せない。

ユニークな登場のパフォーマンスで会場を盛り上げてくれた選手たち。写真は左から、狩野選手、山下貴宏選手、太田貴明選手。

Data

Team UKYO公式サイト
http://www.teamukyo.com/

Back Number

CHALLENGE

このカテゴリーのインデックス

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂