HOME > SOUL > CHALLENGE > 時速1000マイルの地上最速記録樹立へ挑む! 超音速自動車、英国で開発中

画像

時速1000マイルの地上最速記録樹立へ挑む!
超音速自動車、英国で開発中

いったい人はどこまで速くなれるのか。
身体能力の限界はもとより、自転車、自動車、飛行機……、ありとあらゆる手段やテクニックを使って、スピードの世界に挑んできた人類。その歴史を振り返ると、とうてい成し遂げられそうもないエクストリームな世界に我々は挑み続けているように思える。人は、究極と限界に挑戦せずにはいられない特殊な遺伝子をどこかで授かってしまったのに違いない。
英国人実業家、リチャード・ノーブルは、間違いなくそんな遺伝子を持って生まれた男だ。空軍パイロットでもあったノーブルが、時速1,019kmという自動車スピード世界記録を打ち立てたのは1983年のことだった。スピードの限界に挑戦するエクスタシーにすっかり見せられたロマンチストは、その後も記録を更新する夢を追い続ける。そして14年後、世界で初めて音速を越える地上スピード記録が成し遂げられる。それはノーブルがリーダシップを取るプロジェクト『スラスト・スーパー・ソニック・カー』によるもので、1997年10月のことだった。スラスト・スーパー・ソニック・カーをドライブしたのは、ノーブルと同じく空軍パイロットのアンディ・グリーン。この超音速車がマークした速度は、763.035mph=時速1,227.9858km、マッハ1.02(ちなみに音速は1,225km/h)だった。この地上最速記録は、13年以上を経た今も破られていない。

そして21世紀を迎えた今。ノーブルとグリーンは、ふたたびチームを組み、自らの記録に挑戦することになった。『ブラッドハウンド・スーパ・ソニック・カー(以下、ブラッドハウンドSSC)』と名付けられたプロジェクトは、1,000mph=時速1,609.344km、マッハ1.3越えがゴールだという。このプロジェクトは2008年10月に始動し、数年を掛けながらマシンの設計やスポンサーシップの取り付けなどを進めてきた。そしていよいよ、2013年にはアタック走行の実現が視野に入ってきたという。マシンは幾度か設計を変えながら、すでに建設が進められつつある。 単純に男のロマンを追求するだけでなく、英国に最新技術のエンジニアを育てるというエデュケイショナルな目的を掲げたこのプロジェクトには、世界的大企業や教育機関が次々にスポンサーとして名乗りを挙げつつある。
ブラッドハウンドSSCは、既存のどんな車とも様相が異なる。全長13.4m、高さ2.8m、直径0.9mのタイヤをはくこの車は、翼の変わりにタイヤをつけた戦闘機の上に、大きな砲塔が乗ったような形。特別に開発されたジェット・エンジンとハイブリッド・ロケット・エンジンを搭載する。これは、四輪ともが均等に地面についた状態で走る、目標のマッハスピードを上げる、そして一番大切な安全に走行・停止を行うという条件を考えた時に、ジェットとロケットの両方の利点が必要だからだ。

From Faust A.G. Channel on [YouTube]

緻密に設計された「ブラッドハウンド・スーパ・ソニック・カー」の詳細をムービーで!
★【YouTube:FaustA.G.チャンネル】でもご覧いただけます(スマートフォンの方 はこちらがオススメ)

記録へのチャレンジ走行が行われるトラックは、南アフリカのブラック・ロック・デザートに整備中だ。乾期になると干上がる塩水湖の底を利用し、石を取り除き平らにならす作業が2010年から行われている。トラックの長さは約16km・幅0.5km、それに前後約2kmのオーバーランと0.5kmの安全地帯を含め全長20kmを越える広大なエリア。それが300人ほどの手作業で整備されているという。
再びドライバーとなるアンディ・グリーンは、空軍パイロットとして加重Gの体への負担は経験ずみ。だが、飛行機と地上走行車とは加圧の方向が異なるという。このことから起こる平衡感覚の異常や血圧の変化への身体訓練も進んでいる。
このブラッドハウンドSSCプロジェクトの進行具合はウエッブサイトに刻々とアップデートされている。マシンのスペックやエンジニアリングに関するあらゆる側面が細かくリポートされているから、興味のある向きにはぜひチェックしてみて欲しい。
ファウストでも、このエキサイティングなプロジェクトの今後の動きをまた報告していきたいと思う。

 

 

Data

ブラッドハウンド・スーパ・ソニック・カー公式サイト
www.bloodhoundssc.com

Back Number

CHALLENGE

このカテゴリーのインデックス

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂