HOME > SOUL > CHALLENGE > 命知らずの綱渡り冒険家 フレディ・ノック氏がギネス記録を更新

画像

命知らずの綱渡り冒険家
フレディ・ノック氏がギネス記録を更新

世界には、エクストリームな挑戦で我々を勇気づけてくれる冒険家がいる。スイスのフレディ・ノック氏(46歳)もそのひとりだ。
11歳から綱渡りのキャリアを積んできた彼は、スタントマンとして空中曲芸や曲芸バイクなどを披露する一方で、山肌を這うケーブルカーのロープを使った綱渡りに挑んできた。これまでに、アルプスや中国の山々を“ロープを歩いて”登ってきたのだ。
そのノック氏が8月20日にギネスブックの世界記録更新に挑戦した。それも耳を疑うようなエクストリームな方法で。

From Faust A.G. Channel on [YouTube]

ノック氏の命綱、バランス棒なしのギネス記録綱渡りをムービーで!
★【YouTube:FaustA.G.チャンネル】でもご覧いただけます(スマートフォンの方 はこちらがオススメ)

彼は、ドイツ最高峰のツークシュピッツェ山(標高2,962m)に渡されたケーブルカーのロープ上を、命綱もバランス棒も使わずに歩いたのである。ロープの直径はわずか5cm。猫の目のように変わる山の天気は、いつ強風が吹くかわからない。しかし、彼は90分をかけて全長995mのロープを渡りきったのだ。
「バランス棒なしでなんて、もう二度とやりたくない。くたくたで、足はまだ震えているよ」
命がけのチャレンジを成功させてノック氏はそう話した。

しかし、このプロジェクトには続きがある。実はこの週、彼はこのツークシュピッツェ山を皮切りに、7つの山で7つの綱渡りを計画していた。
「一週間で、ケーブルを使った7つの記録に挑戦するんだ。ワイヤーを下ったり、幅3km以上ある湖を越えたりするのさ。湖があるのは、ここよりも高い標高3,800m以上のスイスのユングフラウだよ」
さらに、高さ50mのワイヤー上を自転車で130m以上進みたいとも打ち明けた。
「7日間7つの記録」への挑戦は、彼が1989年にサンモリッツの路面電車のケーブルを綱渡りしたときからの夢である。現在、すべてを成功させたか結果は入ってきていないが(最終日のトゥーン湖は、強風のために断念との一部情報あり)、彼は間違いなく初日のツークシュピッツェ山は成し遂げた。ギネスブックの「最も海抜の高い場所で、バランスポールなしで最も長い距離を綱渡りした」という記録に登録されるのだ。

From Faust A.G. Channel on [YouTube]

「7日間7つの記録」の全貌をムービーで!
★【YouTube:FaustA.G.チャンネル】でもご覧いただけます(スマートフォンの方 はこちらがオススメ)

「不可能を可能に変える」がモットーのノック氏。これまでも、600mの標高差を下ったり、チューリッヒ湖を900m渡るなどして、ギネスブックに数々の綱渡りの記録を残してきた。そして、2009年のドイツ最高峰の綱渡りでは、集まった19,000ドルをエチオピアの農村開発プロジェクトに寄付し、今回の7日間の挑戦でも収益金はユニセフに贈られる。世界に夢と希望を与える綱渡りの芸術家、フレディ・ノック。彼の挑戦はこれからも続くことであろう。

Data

フレディ・ノック公式サイト
http://freddynock.com/

「7日間7つの記録」公式サイト

http://www.freddynock.ch/

Back Number

CHALLENGE

このカテゴリーのインデックス

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂