HOME > SOUL > CHALLENGE > 跨るのは馬ではなくゾウ! 陸上最大の哺乳類を操り勝利を掴め

画像

跨るのは馬ではなくゾウ!
陸上最大の哺乳類を操り勝利を掴め

タイには、世にも珍しいスポーツがあります。その名も「エレファント・ポロ」。ポロはポロでも、なんと馬の代わりにゾウに跨ってプレーをするのです!

18世紀から19世紀ごろ、インドのラージャ(支配者、貴族)たちが始めた由緒正しいスポーツなのですが、陸上に住む哺乳類で最大の動物を、いったいどの ように操り、どのように競技をするというのでしょうか? 体重3トンにもなる巨大なゾウを操るポロだなんて、その背にまたがった自分を想像するだけで、血 がたぎってきませんか?

試合前に行われる出場チームのパレード。タイ北部の民族舞踏パフォーマンスや、試合の無事を祈る儀式なども行われる。

今年3月、それを実現するチャンスがあります。世界エレファント・ポロ協会が主催する『King's Cup Elephant Polo Tournament(キングスカップ・エレファント・ポロ・トーナメント)』という国際試合が、タイ北部のゴールデントライアングルで開催されるので す。この試合は今年で7回目を迎え、ヨーロッパやアジアなど世界各国から10チームが集って優勝を目指すというもの。

1チームには、3頭のゾウと3名のプレーヤーがおり、ゾウ1頭につきプレーヤー1名とゾウ使い1名の合計2名が跨ります。プレーヤーはゾウ使いに動きの指 示をしながら、ボールをマレットで打ちこんでいくのです。ルールは通常のポロと同じで、ゴールにボールを打ち込んだら加点され、得点の高いほうのチームが 勝利。ただし、フィールドが100m×60mなので、ほぼサッカーのピッチと同じ広さで試合が繰り広げられることになります。

動物園などで目にするゾウは、ゆ〜っくりしている印象ですが、本来は大地を揺るがしながら猛然と走ることができる動物。さらにエレファント・ポロに参戦す るゾウは、3年以上の特別な訓練がされており、小回りのきいた動きまでできるのです。巨大なゾウが賢く機敏に、かつ勇壮に走り回る姿は、見た人にしかわか らない迫力と興奮を与えるに違いありません。

そして、ホテル『フォーシーズンズ テントキャンプ ゴールデントライアングル』には、なんと大会期間中、エレファント・ポロを体験できるプランが用意されています。かつては探検家エドモンド・ヒラリーや ザ・ビートルズのリンゴ・スターなどのセレブリティもプレー。彼らも陸棲最大の哺乳類を操ってみたいという、ファウスト魂の持ち主だったのでしょう。

タイではゾウは神聖な動物。試合前やインターバルにお食事タイムもしっかり設けられている。

しかし、このトーナメントの本来の趣旨を忘れてはいけません。
実は、絶滅危惧種に指定されているゾウの保護、そして自然環境保護こそが最大の目的であり、収益金はすべてナショナル・エレファント・インスティチュート へ寄付されるのです。“紳士のスポーツ”と呼ばれるポロは、勝者も敗者も騒ぎ立てることなくお互いの健闘を称えるもの。かつてラージャたちが始めたエレ ファント・ポロも、現代では勝ち負けを争うものではなく、現在は地球上の生きとし生けるすべてのものへの、愛と敬意を払うスポーツとして認知されているの です。

ここ数年は、オーデマ・ピゲ・チームやメルセデス・ベンツ・チームなど、大企業も大会に参加。そう聞いて、われわれFaustA.G.が指をくわえてみて いるわけにはまいりません。ファウスト・エレファントポロ・チームを結成いたしましょう! われこそはというメンバーの方は、ぜひ運営事務局までご一報ください。

Data

Kings Cup Elephant Polo Tournament 2009

2009年3月23日~29日
Tel. + 66 (0) 5378 4084
http://www.anantaraelephantpolo.com

Four Seasons Hotels and Resorts 日本予約オフィス

Tel 0120-024-754

Back Number

CHALLENGE

このカテゴリーのインデックス

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂