HOME > SOUL > ADVENTURE > 冒険家マイク・ホーン氏が乗る 帆船パンゲア号が日本にやってきた!  

画像

冒険家マイク・ホーン氏が乗る
帆船パンゲア号が日本にやってきた!
 

必死な表情でパンゲア号の帆をあげる子供たち。日常では体験できない冒険ゆえ に、体力が続かない!

 今からちょうど1年前。このSoul誌面で、世界的な冒険家マイク・ホーン氏が南極氷上でシャンパンを飲み交わす姿をご紹介しました。覚えていらっしゃるでしょうか?

ホーン氏は、人工的な動力をいっさい使わない方法――つまり徒歩、カヌー、自転車、ヨット、スキーなど――のみで南米横断、赤道一周、北極圏横断などを単独行で成し遂げてきた、偉大なるエクストリーム・アドベンチャラー。現在はパンゲア号という帆船を率いて世界を巡り、各国の子供たちに自然と環境保護の大切さを教えるというプロジェクトに取り組んでいます。

パンゲア号のプロジェクトは2008年にヨーロッパからスタート。北米、南米、南極、ニュージーランド、オーストラリアを巡り(シャンパンの写真は、南極着いた時に撮影されたものです)、2009年10月にはついに日本にやってきました。日本の子供たちに向けて、動力を使わないセイリングの素晴らしさと楽しさを体験してもらうため、ホーン氏一行は横浜に寄港したのです。

横浜ヨットマリーナに停泊したパンゲア号は、全長35メートル、幅9メートル、マストの高さは35メートルとひときわ目を引く大きさ。さらにリサイクルしやすいアルミで作られた船体は、環境を配慮して無塗装、甲板にはたくさんのソーラーパネルが置かれています。他の船とは異なる姿に、今回集まった子供たちの目はきらきらと輝いている様子。パンゲア号に一人ひとりが乗り込むと、ホーン氏との体験セイリングがスタートしました。

パンゲア号には最新のテクノロジーが搭載され、インターネットの接続や船から生中継できる設備も備わっています。30人が船に寝泊まりしても40日間無寄港で航海可能というだけに、居住空間も船とは思えない広さと快適さ。しかもそれだけの機能が、基本的に自然動力のみで賄えるというから驚きです。

横浜と横須賀の沖合を進む約1時間、子供たちはパンゲア号の帆を張るのを手伝い、巨大な船が風の力だけで進むのを目の当たりにすることができました。都会っ子たちにとっては、とても新鮮で刺激的な体験だったことでしょう。

日本を離れたパンゲア号は、南に進路をとり中国大陸を目指しました。「次世代を担う若者たちに、自然の美しさと厳しさ、それをリスペクトすることを伝えたい 」というホーン氏。そんな彼の願いを乗せたパンゲア号の航海は、まだまだ続きます。

世界中の海を渡ってきたパンゲア号に乗り、子供たちは満面の笑顔。
パンゲア号に乗ったマイク・ホーン氏(写真中央)は昨年3月、真冬のニュージー ランドを訪問。今回と同様に、現地の子供たちと触れ合った。

Data

マイク・ホーン氏とパンゲア号のオフィシャルHP
http://www.mikehorn.com/3dglobe/pangaea.html

Back Number

ADVENTURE

このカテゴリーのインデックス

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂