HOME > SMALL TALK > 2012 November

Small Talk

2012 November

2012年11月22日

New Product

奇才デヴィッド・リンチとドン ペリニヨンによる美しきコラボレーションが誕生

デヴィッド・リンチがボトル、ギフトボックスのデザインを手がけた「ドン ペリニヨン ヴィンテージ2003 」と「ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ 2000」の2種が11月初旬より販売中だ。1668年~1715年までシャンパーニュ地方のオーヴィレール大修道院にて、数々の模索、探究を続け「世界最高のワイン」を造ることに情熱を燃やしたドン・ピエール・ペリニヨンと、実験的なアプローチによって奇怪、幻想的、魅惑的な作品を数多く生み出してきたデヴィッド・リンチ。創造することに対する姿勢に多くの共通点を持つ両者のコラボレーションが始まったのは、2011年のデヴィッド・リンチ撮影による「ドン ペリニヨン」2種の広告キャンペーンだ。これをきっかけに、同監督は自らの写真をインスピレーションとしたボトルとボックスデザインを制作した。幻想と現実、光と影のコントラストをイメージしたというもので、「ドン ペリニヨン ヴィンテージ2003」はブロンズ色でメタリック調の光沢を帯びたシールド(盾)を、「ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ2000」は赤紫色のシールドをそれぞれ施してある。神秘的な世界観へと誘うデザインと極上の味わいを堪能してほしい。

Data

ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2003 デヴィッド・リンチ ギフトボックス入り
希望小売価格:21,000円

ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ 2000 デヴィッド・リンチ ギフトボックス入り
希望小売価格:43,050円


Text:Faust A.G.

Page Top

2012年11月22日

NEWS

カンボジア発のラグジュアリーリゾート、ソンサーへの
ヘリコプターサービスがスタート

2012年3月カンボジア初となるラグジュアリー・プライベートアイランドリゾート、「ソンサー・プライベートアイランド」がオープンした。ターコイズブルーの海に白い砂、熱帯雨林に囲まれた自然豊かなコー・ロン列島内に、27のジャングルヴィラ、ビーチヴィラ、水上ヴィラから成る隠れ家的リゾートだ。オーナーのハンター夫妻は、このコー・ロン列島の環境を保護を配慮しつつ、世界レベルの空間、サービスの提供を目指す。
オープン以来すでに世界中のジェットセッターの注目を集める同リゾートに、さらに11月、首都プノンペン―ソンサー間のプライベート・ヘリコプターサービスが加わった。プノンペン市街地からソンサーへの所用時間は約90分。このサービスには、スペシャルメニューが堪能できる食事付きのプランや宿泊付きのパッケージなど様々なオプションが用意されており、滞在スケジュールや旅のスタイルに合わせて選ぶことができる。



Data

ソンサー・プライベートアイランド公式サイト
www.songsaa.com


Text:Faust A.G.

Page Top

2012年11月15日

Road

Faust Racing Team、惜しくもチャンピオンの夢ならず!

11月11日(日)、2012スーパー耐久最終戦の決勝レースが大分県日田市のオートポリスで開催された。霧と雨、強風の混じる悪天候のため、大幅にスケジュールが遅延・変更され、レース時間が3時間から2時間に短縮されたばかりか、スタートを含めて3度のセーフティカーが入る波乱の展開となった。

Faust Racing TeamはST-1クラスでのシリーズチャンピオンを賭けた戦いの中で、勝負をかけたピット作戦を敢行、レース序盤を有利に進めた。ところが、2度目のセーフティーカー時に、ライバルチームと明暗を分けるピット作戦の攻防と、いくつかの不運が重なり、逆転を許した。

雨脚の強まった残り37分、セーフティーカーが入ると、そのまま赤旗終了。ST-1クラス2位でレースを終え、チャンピオンの座を逃した。

「惜しかった」「悔しい」と口々に語るドライバーやクルー。いったんはライバルを窮地に追い込んだ最終戦だった。そのレポートは次週アップ予定。


Text:Yuji Takahashi
Photos:Hiroshi Kodaira

Page Top

2012年11月 8日

New Product

テタンジェの至宝
生き続けるシャンパーニュ伯爵の魂

テタンジェ社のプレステージ・シャンパーニュ、「コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン 2002」の発売に伴い、テタンジェ・ファミリーのクロヴィス・テタンジェ氏が来日した。コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブランは黒ブドウ主体で作られた重厚な味わいのシャンパーニュが主流だった1920~30年代に、時代の変化に伴い繊細な味わいのシャンパーニュの必要性を感じたテタンジェ家がシャルドネだけで創り出したブラン・ド・ブランの傑作。折しも2002年ヴィンテージは、1952年のファースト・ヴィンテージからちょうど50周年に当たる記念のヴィンテージとなる。
「コント・ド・シャンパーニュはテタンジェの存在を示すもの。最高のシャンパーニュを作るために我々は自らに高い要求を課してこのシャンパーニュを作っている。」と語るクロヴィス氏。コート・デ・ブラン地区で栽培された最高品質のシャルドネの一番搾りだけを使い、10年近い熟成を経てリリースされるヴィンテージ・シャンパーニュ。2002年ヴィンテージの日本での販売は僅か1500本という希少性の高いものだ。
このコント・ド・シャンパーニュとはシャンパーニュ伯爵チボー4世のこと。詩人であり騎士でもあったチボー4世は、1240年、十字軍の遠征先のキプロス島から初めてシャルドネの祖となる苗木を持ち帰った人物。このシャルドネがテタンジェ・スタイルを象徴するため、チボー4世への敬意をこめてプレステージ・シャンパーニュにこの名がつけられた。

シャンパーニュで格別なヴィンテージ、2002年。コート・デ・ブラン地区の5つ のグラン・クリュのシャルドネの真骨頂が発揮された2002年は繊細、エレガント な中に良い意味での野性味を感じる神秘的な味わい。「コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン 2002」。2012年11月19日 発売予定。26,250 円(税込)。

Data

商品問合せ先
日本リカー株式会社
http://www.nlwine.com/


Text: Harumi Kono
2012/11/08

Page Top


Archives


Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂