HOME > SMALL TALK > 2010 November

Small Talk

2010 November

2010年12月 2日

Event

イブの夜は、美しい魚舞う
イルミネーションの海で過ごしませんか?

点灯式の模様はこちらより。[画像クリックで動画を再生します]

いよいよクリスマスシーズンを迎え、公私ともに慌ただしい時期となってきた。そんな毎日にちょっと一息、アートなイベントが、「アクアシティお台場」と「アクアシティお台場メディアージュ」ほかの会場で開催中だ。
クリスマスイルミネーション「AQUA Christmas 2010」と題した、このイベントの演出を手掛けたのは木村英智氏。水槽の中の世界観をアートの領域まで昇華させた日本が誇るアクアリスト界の第一人者だ。光と音楽で彩られたアクアリウムアートによる、イルミネーションは観る者すべてを別次元へと誘ってくれる。
先日11月13日には、「AQUA Christmas 2010」の開催にともない点灯式が行われた。
当日は、幅8mの巨大な水槽を優雅に回遊する魚たちの「ラグーンアクアリウム」、幻想的な光が美しい「オーロラリウム」、魚が描く幾何学模様が不思議な「カレイドリウム(万華鏡)」など、バリエーション豊かなアクアリウムアートが次々に点灯された。会期中の土日祝日には、さまざまなイベントも企画中。さらにアクアシティお台場メディアージュでは、台場地区屋内最大級を誇る、高さ約15m、LED約3万個使用の「メディアージュ イルミネーションツリー」がお目見え!
今年のクリスマスは大切な人を連れて、イルミネーションの海に身を委ねてみては?

Data

アクアシティお台場「AQUA Christmas 2010」
開催期日:12月25日(土)まで
点灯時間:11:00~23:00(一部24:00まで)
場所:アクアシティお台場3階 アクアアリーナ、アクアシティお台場メディアージュ1階 アトリウム広場ほか

問い合わせ先:アクアシティお台場 TEL:03-3599-4700
http://www.aquacity.jp/

Text:Faust.A.G.

Page Top

2010年11月11日

Event

シンハービールとグラフィックアートのコラボ
ワールドワイドにプロモーション中!



昨年のSUPER GTのシーズンスポンサーであり、また今年のF1世界選手権からはシーズンを通じて、レッドブル・レーシングのチームパートナーになるなど、あくなき挑戦に対し「SINGHA(シンハービール)」は、精力的なサポートを続けている。
そもそも「シンハ―」とは、タイの古代神話に登場する獅子を意味する。1933年の誕生以来、王室にも認められた由緒あるプレミアムビールは、いまや世界50カ国の人々に愛されるビールとなった。

この秋よりフランス、アメリカ、日本の3カ国、全6都市を舞台に、シンハービールは世界的プロモーション「Singha TransPortraits」を展開中だ。TransPortraitsとは、「Transport(移動)」と「Portrait(絵)」を組み合わせて、この企画のために考案した造語。各国のグラフィックアーテイストが、建物の外壁、バーやクラブなど店内の壁面などをキャンバスに見立て、シンハーの獅子をイメージしながら自由に創作している。
プロモーションは、10月19日のフランス・パリのアーティストSun7の作品展示を皮切りにスタート。23日にはアメリカ・ロサンゼルスにて、アメリカ人アーティストRENTAによる作品が展示され、その後、ニューヨーク、サンフランシスコ、マイアミへと続き、日本には、10月30日から気鋭の坂巻善徳 a.k.a senseが登場。高円寺の「Planet3rd高円寺」や東京ミッドタウンの「A971」など都内各所の壁に、坂巻の作品が展示され、本人によるライブペインティングが行われる予定だ。また公式サイト(http://www.singha-beer.jp/transportraits/)にアクセスすると、世界各都市のグラフィックアートを観ることができ、さらに年末のスペシャル・パーティーや、本場タイのフルムーン・パーティ・ツアーへの応募チャンスもあり!
アーティストが生み出したオリジナルの「Portrait(絵/ビジュアルアート)」が、各都市をまるで「Transport(移動)」するような新感覚プロモーション。ぜひ、その眼で確認してほしい!

プロモーション開催店舗

NATURART LOUNGE
10月31日~ 11月30日
http://www.naturart.jp/

Planet 3rd 高円寺
11月15日~12月5日
http://www.cafecompany.co.jp/brands/planet3rd/koenji/index.html

WIRED CAFE Dining Lounge 六本木ヒルズ店
11月29日~12月12日
http://www.cafecompany.co.jp/brands/wired/roppongi_hills/index.html

A971
12月13日~12月29日
http://www.cafecompany.co.jp/brands/a971/index.html

Profile

画像

坂巻善徳 a.k.a sense
1971年12月生まれ。美術家、有限会社senseseeds代表
2002年より、美術作家、ライブぺインターとしての活動を軸に店舗内壁画、グラフィックデザイン、プロダクトアートディレクション、クリエイティブコンサルティングなど多分野で活躍。
公式ブログ:http://ameblo.jp/senseseeds/

Data

問い合わせ先:株式会社池光エンタープライズ TEL:03-6459-0480
http://www.singha-beer.jp/transportraits/

Text.Faust.A.G.

Page Top

2010年11月 4日

Travel

「泊まる」から「住まう」へ
大阪に国際的サービスアパートメント出現!

「フレイザーレジデンス南海大阪」
宿泊料金は、1泊料金と1カ月料金の設定。いずれも客室タイプ別で、通常1泊料金28,600円〜、通常1カ月料金29,000円〜。また来年3月31日ご利用分までは、開業記念料金として、1泊料金11,000円〜、1カ月料金250,000円〜となっている。すでにサービスアパートメントのトップブランドとして国際的に認知されているフレイザーズホスピタリー社が運営する「フレイザーレジデンス南海大阪」。

世界を飛び回る旅行者にとってホテル選びはつねに重要な関心事。それが長期の滞在ともなればなおさらだ。宿泊ニーズの多様化にともない、最近にわかに注目を集めているのが、サービスアパートメントの存在。

おもに中長期型の宿泊施設のことで、自宅のような空間でホテル水準のサービスが得られるのが最大の特徴。これまではビジネスマンが長期出張などで利用するケースが多かったが、ここ数年は、「ホテル営業免許」を取得したサービスアパートメントが続々誕生し、一泊利用からの料金設定が可能となったため、レジャーや観光目的での利用者も増加傾向にあるという。

10月にオープンしたばかりの「フレイザーレジデンス南海大阪」もまた、ホテル営業免許を取得したサービスアパートメント。 13年前にシンガポールから事業をスタートし、ロンドン、シドニー、パリ、上海、ドバイなど世界35棟を数える「フレイザーズホスピタリー社」が運営するホテルで、大阪が日本初進出となった。 今後は新しいホスピタリティを積極的に提案していくという。

コンセプトは、ずばり“「泊まる」から「住まう」へ”。
ホテル館内の客室114室すべてが、一流ホテルに匹敵する、ゆったりとした空間。シティホテル仕様の家具や備品が置かれ、アメニティにも気を配る。中長期の滞在に必要なキッチンや洗濯乾燥機など生活家電の完備も充実。またネット環境やデジタル放送、オーディオ関連など映像音響機器も万全。このほかミーティングルームなどビジネス対応のゲストラウンジ、24時間無料のサウナやフィットネスなど、オンとオフのライフスタイルに対応した各施設を用意している。
「なんば駅」から徒歩2分。まさにエンターテイメントと経済の中心地にたつ「フレイザーレジデンス南海大阪」は、今後、ビジネスでもレジャーでも、関西の滞在時にはベストチョイスの拠点となるだろう。

客室タイプは、スタジオタイプ、1ベッドルームタイプ、2ベッドルームタイプがあり、いずれもキッチンを完備。1ベッドルームタイプと2ベッドルームタイプには、独立したリビング・ダイニングを設けている。各室のインテリアは白を基調としたシンプルモダンな空間。上質の眠りを提供するシモンズの最高級ベッドや、機能性に優れた食器類など細部にも徹底的にこだわっている。

Data

予約専用TEL: 06 6635 7170
インターネット予約:http://osaka.frasershospitality.com/jp/

Text:Faust A.G.

Page Top


Archives


Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂