HOME > SENSE > Travel > Dubai Travel # 2 砂漠の中のアラビアン・リゾート One&Only Royal Mirage, One&Only The Palm

画像

Dubai Travel # 2
砂漠の中のアラビアン・リゾート
One&Only Royal Mirage, One&Only The Palm

ペルシャ湾に沿って近代的な街が広がるドバイ。観光業がGDPの30%を占めるこの国では、スキューバダイビング、セイリング、スカイダイビング、トレッキング、遊覧飛行など、あらゆるアクティビティを楽しむことができる。観光立国への志は、「高温」「砂漠」といった課題を乗り越え、美しいグリーンでのゴルフや氷点下での屋内スキーも可能にした。そんなドバイにバカンスにやってくるのは、世界の頂点を知ったセレブリティたちだ。そして、ドバイのホテルは彼らをもてなす術を知っている。シリーズ第2回となる今回は、ドバイ最高クラスのリゾートホテルを紹介する。

取材協力:ドバイ政府観光・商務局

高級ホテルラッシュの中、目指すは“運命の宿”

埼玉県ほどの大きさのドバイにホテルは約390軒(約50,000室)あり、国は70,000室を目指して誘致を続けている。現在、最上級の5つ星ホテルは約60で、「ワン&オンリー・ロイヤルミラージュ」と「ワン&オンリー・ザ・パーム」もそこに含まれる。「ワン&オンリー・リゾーツ」は、バハマやモーリシャス、モルディブなど、ロケーションを厳選して展開するラグジュアリーなホテルグループだ。現在、世界に7つ存在し、その中の2つがドバイにある。
ザ・パームは旧市街から西に30kmほど行った人工島「パーム・ジュメイラ」に、ロイヤルミラージュはその対岸に鎮座。どちらも、「オイルよりも水の方が高い」と揶揄されるUAE(アラブ首長国連邦)において、溢れんばかりの緑でゲストを迎える。

左:ワン&オンリー・ザ・パームから見たドバイのスカイライン。 中:ロイヤルミラージュのプライベートビーチの風景。ドバイは1966年に石油が発掘されるも埋蔵量は少なく、貿易業と観光業を基幹に成長を遂げた。1971年の建国からわずか41年でGDP(一人当たり)世界第9位へと飛躍的に変化した。 右:パーム・ジュメイラは、2006年より宅地の分譲を始めた、ヤシの木型のリゾートアイランド(人工島)。モノレールか車で渡ることができる。ザ・パームは④、ロイヤルミラージュは対岸の①②③になる(写真クリックで拡大)。

ドバイ一の緑を誇るホテル
ワン&オンリー・ロイヤルミラージュ

ロイヤルミラージュはともかく広大だ。東京ドーム約5.6個分(65エーカー)の敷地に、「ザ・パレス」「アラビアンコート」「レジデンス&スパ」の3つの棟を展開。それぞれが客室・レストラン・プールなどを備えた個性的なホテルとして機能する。ゲストは巡回するバスに乗って移動し、各棟で自分たちのお気に入りの時間を楽しめるのである(注:レジデンス&スパにおいては、スパ以外は宿泊客専用)。
たとえば、ヤシの木のそびえるロビーが出迎えるザ・パレスに宿泊し、アラビアンコートのレストランで食事に舌鼓を打ち、レジデンス&スパのエステで癒される、といった具合だ。細部にまでアラビアのエッセンスがちりばめられた建物はどれも上質かつ重厚。一度訪れれば、すべてを確かめてみたくなるだろう。ザ・パレスには6つの、アラビアンコートには5つのレストランやバーが備わり、ラウンジミュージックの流れるビーチサイド・ラウンジ、シーシャ(水タバコ)が楽しめるアラブ風の中庭、英国パブのようなスポーツバーなど、夜もさまざまに楽しむことができる。
館内は、フランキンセンスやイランイランなどエキゾチックな香りで満たされているが、外に出ればむせ返るほどの緑の匂いに包まれる。それもロイヤルミラージュの魅力なのだ。草も生えない砂漠の地に広がる鬱蒼とした木々。あちらこちらから聞こえてくる鳥の鳴き声にスタッフは、「ドバイにこんなに鳥はいないのに、いつのまにか集まってきた」と話す。ドバイ一の緑を誇るといい、孔雀も優雅に歩く。芝生に囲まれたプールで泳ぎながら、自分はどこのリゾートに来たのだろうと思うが、ヤシの木の間から覗く超高層ビル群が「ここはドバイだよ」と教えてくれる。

上段:溢れる緑の中で散歩が楽しめる「ザ・パレス」(231室)。中段;イスラム建築の強い影響が特徴の「アラビアンコート」(172室)。下段:ゲスト専用のダイニングとライブラリーを持つ「レジデンス&スパ」(49室)。
スーペリア・デラックスルーム(45㎡/左)やロイヤルスイート(325㎡/中)など、ザ・バレスの部屋のタイプは5つ。アラビアンコートには3つ(50~145㎡/右は145㎡のプリンススイート)、レジデンス&スパにはファミリーユースも考慮した4つ(58~300㎡)のタイプがある。
食事はすべて洗練されていて日本人の舌に良く合う。プライベートビーチに突き出た「ザ・ビーチバー&グリル」(ザ・パレス/上段左・中)では山盛りのシーフードをアウトドアで、「タジン」(ザ・パレス/上段右)では本格的なモロッコ料理をモロッコワインと一緒に堪能。フランスや北アフリカなど地中海沿岸の料理が楽しめる「ロティスリー」(アラビアンコート/下段左)では、パンやチーズの種類にも驚かされる。夜は白色に照らされたビーチバー「ザ・ジェティ」(ザ・バレス/下段中左)にドレスダウンした人々が集まる。 暑さの厳しいドバイでは、ふんだんのミントとレモンをブレンダーにかけた「ミント・レモンシュース」(下段中右)がポピュラー。真っ赤にライトアップされるラウンジ「ルーフトップ・テラス」(アラビアンコート)では、夜のオープンに向けて丁寧に準備が進められていた(下段右)。
レジデンス&スパに併設されたスパでは、さまざまなエステメニューを用意。中でも「オリエンタル・ハマム」での「トラディッショナル・ハマム・エクスペリエンス」は、アラブ風にデザインされた薄暗い空間で4人同時に施術される日本では味わえない体験。ジャグジーとサウナで発汗した後、モロッコの伝統的な石鹸でクレンジング。垢すりとマッサージ、ストレッチでボディを美しくする(50分370DHS ※1ディルハム=約22円/2012年7月現在)

21世紀の島で過ごす大人の時間
ワン&オンリー・ザ・パーム

ロイヤルミラージュのプライベートビーチからクルーザーに乗って10分ほどで、パーム・ジュメイラの南端に作られたザ・パームに到着する。ここは静かでゆっくりとした時間が流れる。「美しいヤシ」という意味のパーム・ジュメイラは、ヤシの木に模られた人口の島。「世界一のリゾート地」と銘打って開発を進めるだけあって、ゲーテッドコミュニティの別荘地には世界中の著名人がヴィラを構え、ペルシャ湾を自家用クルーザーで移動する。
2010年にオープンしたザ・パームは、3階建てのマナーハウス、6棟の邸宅風建物(ローライズ・マンション)、4邸のプライベート・ビーチ・ヴィラから成る隠れ家的なホテルだ。イスラムとスペインの建築が融合したデザインが美しい。全94室しかなく、ゲストの名前を覚えたスタッフが暖かくもてなしてくれるのも、予約が取れないほど人気な理由である。
客室はすべて最高級の大理石をふんだんに使い、テラスもしくはプールを設置。2階建てのビーチヴィラに滞在すれば30㎡のプールとプライベートビーチが付いているので、人知れずバカンスを過ごせるだろう。そして、ホテルの850㎡のメインプールにはカップルで横になれるキングベッドサイズのビーチマットや、エアコンの効いた部屋でテレビや酒を楽しめるプライベートカバナ(更衣室/有料)がある。ハネムーナーにも人気のドバイならではのあしらいがあちらこちらに用意されている。
さて、サンセットタイムは桟橋にある「101ダイニングラウンジ・アンド・バー」でアラビア海に沈む太陽を見ながらカクテルを味わいたい。ここは、2007年よりミシュランガイドで3つ星を獲得するフランス人シェフ、ヤニック・アレノ氏がプロデュースするスタイリッシュなバーだ。上質な酒を堪能するうちに夜の帳は降り、眼前には光り輝く島の景色が広がるだろう。そして、桟橋の反対側ではドバイのスカイラインを一望――そんな贅沢な時間が待っているのだ。

左:ザ・パームとロイヤルミラージュを結ぶホテルのクルーザー。食事を楽しみに、互いのゲストが行き来する姿が見られる。 中:ピンク色の石材にモザイク模様を施し、オリーブの木を置くなど、ザ・パームのデザインにはイスラムとスペインの建築美がミックスする。 右:大型のデイベッドやソファが用意されたプールサイド。ゲストたちは静かにそれぞれの時間を楽しんでいた。
左:笑顔で迎えるザ・パームのスタッフたち。ドイツ、フランス、ロシアなど各国から訪れるゲストに対応するため国籍はさまざまだ。。 中:大理石の光るロビーに入ると、正面にはプールと海の眩しい風景が飛び込んでくる。ドバイでは年に1回ほどしか雨が降らない。 右:プールサイドで優雅なひと時を過ごせるよう設けられたバスルーム、リビングルーム、テラスを備えたプライベート・カバナ。
マナーハウスには65~250㎡まで5種類の部屋がある(34室)。ローライズ・マンションには、65~130㎡までの4つのタイプがあり(56室/写真上段は100㎡のジュニアスイート)、邸宅風の建物1棟に複数の部屋が入っている。2階建てのプライベートビーチ・ヴィラ(4棟/写真下段)にはプールとプライベートビーチが付き、325㎡の広さを誇る。
レストランやバーは4つあり、うち3つをヤニック・アレノ氏がプロデュース。「101ダイニングラウンジ・アンド・バー」では、スペインのイビザ島など世界のリゾート地をテーマにしたカクテルを、インドアとアウトドアで楽しめる。夜はパーム・ジュメイラの夜景を堪能できる。
「ステイ・バイ・ヤニック・アレノ」はミシュラン3つ星の味が楽しめるレストラン。シェフのダビッド・エメルレ氏(写真左)を始め、多くのスタッフがフランスから来ている

Data

One&Only Royal Mirage
Jumeirah Beach, Dubai, UAE
TEL. +971 4 399 99 99
info@oneandonlyroyalmirage.ae
URL http://royalmirage.ooresorts.com/ja/

客室料金(1部屋)
ザ・パレス 812USドル~
アラビアンコート 918USドル~
レジデンス&スパ 1,325USドル~


One&Only The Palm
West Crescent, Palm Jumeirah, Dubai, UAE
TEL. +971 4 440 10 10
FAX. +971 4 440 10 11
info@oneandonlythepalm.com
URL http://thepalm.ooresorts.com/ja/

客室料金(1部屋)
マナーハウス 997USドル~
ローライズ・マンション 1,165USドル~
プライベート・ビーチ・ヴィラ 5,670USドル~

Dubai Travel 1, 2, 3

Back Number

Travel

このカテゴリーのインデックス

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂