HOME > SENSE > Travel > 躍進の香港ビジネストリップは 先進エグゼクティブホテル&エアで〈前編〉 Island Shangri-La HONGKONG

画像

躍進の香港ビジネストリップは
先進エグゼクティブホテル&エアで〈前編〉

Island Shangri-La HONGKONG

1978年以降中国の経済特区として、あらゆる激動の波をいち早く引き受けて来た街、香港。近年躍進著しい中国・アジア経済市場の要として、世界の金融センターとして、常に注目を集め続けてきた。昨年は1997年の“返還バブル”を越える不動産価格の高騰が起き、今は落ち着く傾向を示しているものの、依然好況に変わりはないと言えそうだ。
オフタイムをアクティブに過ごす一方、オンタイムとなればビジネスリーダーとして活躍する熱きファウストたちにとっても、香港はエキサイティングな街のひとつに違いない。今回は前後編にわたって、エネルギー溢れる、香港ビジネストリップスタイルをご紹介したい。

香港へのビジネストリップであれば、エアはキャセイパシフィックをお薦めしたい。日本~香港間最多の運行本数、各人にベストな時間での渡航を可能にしているのが最大の理由だ。ちなみに成田のビジネスラウンジは各社に先駆けてキャセイパシフィックが導入をしているが、ここにもビジネストリップに対する同社の積極的な姿勢が伺える。

左:成田空港のキャセイパシフィックのラウンジ。中・右:ビジネスクラスでの快適なフライト。

香港へは5時間ほどのフライト。ゆったりしたシートでは、PCを開いて残った仕事を片付けるもよし、香港での仕事の準備に費やすもよし。機内食では新鮮な魚介など素材の生きた料理に舌鼓を打ちつつなど過ごしていれば、ほどなく香港へ到着する。

金融街の中環にそびえる「アイランド シャングリ・ラ」
ホライゾンクラブフロアでステイ

香港国際空港から、金融の中心地セントラル(中環)へは、ホテルの送迎車で40分。「アイランド シャングリ・ラ」は地下鉄アドミラルティ(金鐘)駅すぐ、最近注目のブランドショップが加わり充実したショッピングモール「パシフィックプレイス」に直結し、香港ステイを送るには最適の立地にある56階建の高層ホテルだ。

香港・中環での街並み。

ビジネスでの滞在ならお薦めは51階以上のホライゾンクラブフロアでのステイ。フロントで到着を告げれば、そのまま56階の「ホライゾンクラブラウンジ」へエスコートされ、ウェルカムシャンパンを傾けながら寛いでチェックインを行える。香港はWi-Fi環境が日本より整っており、空港からホテルまでの送迎車内でもつながるほどだから、ホテル内およびゲストルームでも万全。ちなみに、Facebook、Twitterも中国ながら経済特区のため制限されておらず問題なくアクセスできる。

アイランド シャングリ・ラのホライゾンクラブラウンジ。その一角にはヴィクトリア湾を見渡す会議室が(トップ写真)。

ホライゾンクラブフロアがビジネスに嬉しいのは、かゆい所に手が届くホライゾンクラブラウンジの使い勝手の良さ。260平米のスペースにソファやテーブルがゆったりふんだんに配され、軽いミーティングも可能なのは当然として、そこかしこに自由に利用できるノートPC数台が完備。一角にある会議室が無料で利用できるのもいい。ヴィクトリア湾を見渡す眺望も商談相手の心をなごますひと役となるだろう。もちろん、ドリンクと軽食もスタッフがサーブしてくれる。
ちなみに、夕方5時~7時のハッピーアワーはシャンパンはじめ各種アルコールドリンクが無料でふるまわれるため、夕食前の一息にももってこいだ。

そして滞在中は、朝は少しばかり早起きをして、ジムとプールで汗を流したい。一年を通して温かな亜熱帯に属する香港、プールは8階のガーデンにある。25メートルのレーンがあり、「例え出張中でもトレーニングは欠かせない」と、がっつり泳ぎたいトライアスリートでも満足の広さだ。もちろんジムにはランマシーン、バイク、ボディビルディングなど機器が充実。快適なフィットネス環境も、ラグジュアリーホテルの嬉しいところ。
「アイランド・シャングリ・ラ」であれば、利便性が高くしかも健康的なビジネストリップを送ることができるだろう。

  • 後編では、キャセイパシフィックの世界最大規模のビジネスラウンジを紹介!

レストラン・ペトリュスからは摩天楼群が。

アイランド シャングリ・ラ

ヨーロピアンと東洋様式が融合した伝統的かつ格調高いインテリア。ダークブラウンを基調としたウッディなゲストルームには、瀟洒なシャンデリアが下がり、窓外からは摩天楼とヴィクトリア湾、向うのカオルーンも一望する。

プレジデンシャル・スイート

リビングとベッドルームに加え、会合にも使える8人掛けのダイニングテーブル、キッチン、書斎、バスルームにはスチームサウナも。210平米。1室1泊HK$37,600+サ10%。

ホライゾン・ハーバービュー・スイート

リビングにワンベッドルームのスイートで、88平米。HK$6,900+サ10%。

 
ロビーラウンジ(1階)のトラディショナル・アフタヌーンティHK$428(2名用)。

Data

Pacific Place, Supreme Court Road, Central, Hong Kong
Tel. (852) 2877-3838
ホライゾン・パークビュー・スイートHK$6,300+サ10%、ほか通常フロアも有。
公式サイト:http://www.shangri-la.com/jp/property/hongkong/islandshangrila

レストラン ペトリュス

香港・マカオ版のミシュランスターを2009から毎年獲得している高級フランス料理レストラン。ワインは米国「ワインスペクテイター」誌のエクセレント賞を2000~11年獲得した屈指のラインナップ。伝統的なヨーロピアン調のデコレーション、印象派の油絵、彫刻やクリスタル製シャンデリアが飾られたダイニングルームは、眼下にヴィクトリア湾を望む。

2012年2月トリュフフェアのスペシャルメニューから「ゆっくり調理されたマラン・エッグ 黒トリュフ、フォアグラ、ムイエットと」、メイン「Hugo Desnyer氏の乳のみ仔牛 Annie Bertin氏の冬野菜、黒トリュフと」。デザートまでトリュフ!? という驚きの「黒いダイヤモンドのドーム、モカ、へーゼルナッツとダークチョコレート」。

Data

アイランド シャングリ・ラ内56F
Tel.+852 2820 8590
営業:朝食7時~10時、ランチ12時~15時(14時30分LO)、ディナー18時30分~23時(22時30分LO)/ドレスコード:スマートカジュアル

ジム&ガーデンプール

ジムは24時間営業。ボディビルディングやランマシーン、バイクなどの機器や備品を完備。パーソナルトレーニングも可能。ガーデンプール(右)は6~22時営業。幅11m、最長28m、深さ1~2m。レジャー用レーンとトレーニング用レーンを用意。マッサージ&ビューティートリートメントは7~25時営業。ボディラップ、フェイシャル、スウェーデン式マッサージ、ホットストーン、アロママッサージや中国式指圧など各種用意。

Data

アイランド シャングリ・ラ内8F
宿泊者のみ利用可。この他、サウナとスチームルーム(営業6~23時)、室内ジャグジー(営業6~23時)、屋外ジャグジー(営業6~22時)、ハタ・ヨガ(要事前予約)あり。

香宮 (カオルーン シャングリ・ラ内)

香港にはアイランド シャングリ・ラの他にもう一つ「カオルーン シャングリ・ラ」がある。ここの広東料理「香宮(シャンパレス)」はミシュランガイドで2009~12年で2つ星を獲得しており、正統派の味からヌーベルシノワまでが楽しめる。

左:皮がパリっと香ばしい乳飲み子豚の丸焼き。中:絶品の巻貝入りの鶏のスープはヤシの実をくりぬいた器で提供。右:ナマコをつめたロールチキンが乗った炒飯。

Data

Kowloon Shangri-la B1F
64 Mody Road, Tsim Sha Tsui East, Kowloon, Hong Kong
Tel.+852 2721-2111
営業:ランチ(月~土)12時~15時、 ランチ(日祝)10時30分~15時、ディナー18時30分~23時/ドレスコード:スマートカジュアル
公式サイト:http://www.shangri-la.com/jp/property/hongkong/kowloonshangrila

Data

キャセイパシフィック航空 公式サイト
http://www.cathaypacific.co.jp

Back Number

Travel

このカテゴリーのインデックス

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂