HOME > SENSE > Travel > タンザニアの世界遺産で遭遇する 究極のサファリとラグジュアリーロッジ シンギータ・グルメティ・リザーブス Singita Grumeti Reserves

画像

タンザニアの世界遺産で遭遇する
究極のサファリとラグジュアリーロッジ

シンギータ・グルメティ・リザーブス
Singita Grumeti Reserves

 これまで世界を旅した中で、最もラグジュアリーな宿はどこだったかと問われれば、私は迷うことなくシンギータと答えるだろう。南アフリカのシンギータは、2004年、アメリカの旅行雑誌「コンデナスト・トラベラー」と「トラベル&レジャー」の読者投票で「世界一のホテル」として二冠に輝いた伝説のラグジュアリーサファリロッジ。そのシンギータが、タンザニアの世界遺産・セレンゲティ国立公園に開業したのがシンギータ・グルメティ・リザーブスである。

大自然のスペクタクルという贅沢

サボラ・テンテッド・キャンプのリビングルーム。大平原の真ん中というワイルドなロケーション。映画『Out of Africa』に描かれた20世紀前半のサファリスタイルを再現。テントタイプの客室が9棟。パブリックスペースもすべてテントスタイルである。

 サファリというとケニアを連想する人が多いかもしれない。だが、ヌーの大移動で知られるケニアのマサイマラ国立動物保護区は、タンザニアのセレンゲティ国立公園と国境を接しており、セレンゲティ・エコ・システムと呼ばれるヌーの大移動のエリアは、実は大部分がタンザニア側にあるのだ。シンギータ・グルメティ・リザーブスは、まさにその心臓部に位置する。
ここは、もともと国立公園の周辺にあるハンティング用の私有地だった。南アのシンギータもそうなのだが、アフリカのラグジュアリーサファリロッジは、自前の保護区(リザーブス)を所有するところが多い。名称が「グルメティ・リザーブス」であるのはそのため。34万エーカー(約1万3600平方キロ)という広大な土地のなかに3軒のロッジが点在している。
プライベートのサファリが贅沢な理由は、広大な敷地が、ロッジのゲスト(グルメティ・リザーブスであれば、満室であってもわずか70名)で独占できることにある。国立公園、特にケニア側のサファリでは、一頭のライオンに何台ものサファリカーが取り巻くような状況も少なくない。国立公園は、規則も多い。サファリカーを降りることや日没後のナイトサファリは禁止されている。だが、プライベートリザーブでは、これらもすべてOK。プライベートのラグジュアリーサファリロッジでは定番のお楽しみである「サンダウナー」と呼ばれる夕暮れ時のカクテルタイムでは、サファリカーを降りて、これを楽しむことが出来るのも、プライベートならではの贅沢である。シンギータのリザーブスでは、動物にも人間にもストレスなく、大自然のスペクタクルに遭遇することが出来るのだ。

ササクワ・ロッジのメイン棟にあるリビングルーム。ササクワ・ロッジは、優雅なエドワード朝スタイルのマナーハウス。オールスイートで、9棟のコテージと4ベッドルームのヴィラ1棟からなる。スパも併設されている。
ササクワ・ロッジのテラス。
ファルファル・ロッジの客室。ピクチャーウインドの先に動物が集まる水場を目の前にしたエキサイティングなロケーション。建物は、コンテンポラリーなサファリスタイル。8棟のヴィラスイートと2ベッドルームのラグジュアリー・ヴィラスイートからなる。

命の輝きの美しさを知る醍醐味

 サファリロッジの朝は早い。まだ太陽が昇るか昇らないかという頃、季節にもよるが、たいてい午前6時にはモーニングティーが始まる。朝と夕方が、野生動物が活動する時間だからだ。ゲストには、旅館の仲居さんのように専任のレンジャーがつく。
シンギータでの私たちの担当は、アーノルド。キリンマンジャロの麓の出身という、動物を見つける勘のいい青年だった。彼らの腕が、いいサファリになるかどうかを左右する。馴染みのレンジャーを指名するリピーターも多いという。

シンギータのサファリカーとライオン。動物はこのくらいの至近にやって来る。
サンダウナーのカクテルを用意するレンジャーのアーノルド。。

ちなみに、ラグジュアリーサファリロッジは、たいていがオールインクルーシブ。一日2回、朝と夕方のゲームドライブのほか、食事や飲み物も含まれている。

私がシンギータ・グルメティ・リザーブスを訪れたのは7月下旬のこと。実はヌーの大移動には、少し遅い時期だった。ところが、その年は、ヌーの到着が遅れていた。シンギータが擁する3つのロッジの一つ、ササクワ・ロッジに到着すると、晴れやかな笑顔で迎えてくれたマネージャーが言った。

「あなたたちの到着を待って、ヌーもちょうど私たちのリザーブに着いたばかりよ」

そして、その日から、まるでナショナルジオグラフィックのドキュメンタリーフィルムの中の迷い込んだような、大スペクタクルが始まったのだった。

セレンゲティ・エコ・システムと呼ばれるエリアを循環する動物は、ヌーを筆頭に、シマウマ、ガゼルなど約200万頭。このとてつもないスケールの自然現象が、いわゆるヌーの大移動と呼ばれるものだ。  ヌーの群れがやって来ることは、ライオンやチーターなどの肉食獣にとっては、ご馳走の到来を意味する。獲物はいくらもいるから、肉食獣の親は、子供に狩りの練習をさせる。ハンティングに遭遇する機会が多いのも、この時期のサファリの醍醐味だ。ライオンの襲撃を免れたヌーの子供が川に逃げ込んでワニに食われる。自然の摂理は、時に残酷で情け容赦なく、しかし、だからこそ、命の輝きは美しい。

夕方、サファリを終えてロッジに戻ると、あたりは漆黒の闇に包まれていた。
サファリの夜は、「ボマ」と呼ばれる火を焚くのが昔からのきまりごと。その昔キャンプでは、この火を絶やさないことが動物から身を守る術だった。その習慣が今も守られている。ボマを囲んでアペリティフを楽しんだり、「ボマディナー」と呼ばれる屋外の夕食になるときもある。遠くに聞こえる声は、ライオンだろうか、それとも……。
日が暮れると、ロッジの敷地内といえども野生に帰る。だから、夕食後、コテージに帰るにも、レンジャーのエスコートが必要だ。
大自然の中にあって人間は、その闖入者でしかないことを、サファリの夜は教えてくれる。

 

ヌーの大移動。自然の大スペクタクルに息をのむ。
象の群れにも遭遇した。サファリカーに近づく象に緊張する瞬間。

夜の帳が降り、ボマの火が焚かれる。ファルファル・ロッジにて。

Data

Singita Grumeti Reserves シンギータ・グルメティ・リザーヴス
日本での予約問い合わせ先:ルレ・エ・シャトー
TEL.03-5472-6789  http://www.singita.com

キリマンジャロ国際空港からロッジまではセスナ機を利用。ケニアのナイロビ国際空港からのアクセスもあり。ササクワ・ロッジUS$1650~、サボラ・テンテッド・キャンプUS$1045~、ファルファル・ロッジUS$1045~(いずれも1室2名利用の1人あたり)。滞在中の全食事、飲み物、一日2回のゲームドライブ、ランドリーなどを含む。

Back Number

Travel

このカテゴリーのインデックス

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂