HOME > SENSE > Travel > リゾート不動産×ホテル! 2つの顔を持つトランプタワー・ワイキキの真価 Trump International Hotel & Tower Waikiki Beach Walk

画像

リゾート不動産×ホテル!
2つの顔を持つトランプタワー・ワイキキの真価

Trump International Hotel & Tower Waikiki Beach Walk

毎年5月には「ホノルル・トライアスロン」、2月には「パールオープン」、ノースショアでのサーフィン……ハワイ・オアフ島は、ファウストの冒険・挑戦の舞台の数々が用意された世界屈指のリゾート地。
2009年11月、そんなワイキキに25年ぶりとなるラグジュアリーホテル「トランプ・インターナショナル・ホテル&タワー・ワイキキ・ビーチ・ウオーク」(以下トランプタワー・ワイキキ)が誕生しました。

フォートデルーシー側から見たトランプタワーの外観。

国際的に名を馳せる「トランプ」ブランドを冠するこのトランプタワー・ワイキキの特徴は、ホテルとしての顔とリゾート不動産としての顔という、2つの顔を併せ持つこと。今回は最近何かと話題のこの物件をご紹介します。

「暮らすように滞在」できる
落ち着いた建築とインテリア

トランプタワー・ワイキキは、ハレクラニやレストラン・ノブ、エンバシースイーツが並ぶワイキキ・ビーチ・ウオーク・エリアに立地。緑豊かなフォートデルーシー(公園)に面し、もちろんビーチも直近という最高のロケーションにそびえます。
建物は38階建て。ワイキキにはエリアごとに建物の高さに規制があり、38階はこのエリアでは最高層。
外観は、スカイブルーの窓と真っ白な壁を基調に、各戸の広いテラスが整然と並ぶ、正統派のモダンなレジデンス。「トランプタワー」といえば、ニューヨークの5th Ave.やシカゴ、ラスベガスなどの、ゴージャスな超高層ビルをイメージする方も多いことでしょうが、コチラは、あえてそうしたデザインを用いていません。
それは「暮らすように滞在する」がテーマだから。特にゲストルームは、他のホテルに見られるような、ハワイの文化・伝統様式を押し出すことを控え、シンプルでモダンに。色合いもホワイトとウッドを基調にベージュやエンジをあしらった、長期滞在に向けた落ち着いた住空間です。バスルームはイタリアの大理石造り。キッチンはウッディなキャビネット、ブラジル産の高級御影石製のカウンタートップに、スイートには、ワインセラーやWOLF、SUB-ZERO、BOSCHなどの高級キッチン家電を揃えます。
建築はホノルルのウォーターマーク(レジデンス)などを手がけるグリン・グラス・アーキテクツと、ホクア(コンドミニアム)を手がけるベンジャミン・ウー・アーキテクツが。インテリアは、フアラライやクキ・オ・ビーチクラブリゾートも手がけるスザンヌ・ネッセル社といった、高級レジデンスに長けたチームにより作り上げられています。

6階のフロントはフォートデルーシーに向けて大きく開かれ、解放感ある造り。
ソファーラウンジからは、フォートデルーシーとアラモアナを望める。

ホテル兼リゾート不動産としてのトランプタワー

さて、平均面積46平米~186平米という、全462室のゲストルームは、実はホテルとして運営される前に、リゾート不動産として(はたまた投資不動産として)販売されることを前提としています。
ルームタイプは以下の通り。
要するに、オーナーとして購入したゲストルームは、利用していない期間はトランプホテルにゲストルームとしての運営を任せ、収益を得ることができるシステムです。
ゆえに、キッチンや洗濯機(スイートのみ)が完備された分譲型・居住型のレジデンスタイプが中心。一方で、旧来のリゾート不動産とは違い、ハウスキーピングサービスが常時利用可能なのもうれしいところです。
一方、オーナーとしてではなく、ホテル宿泊利用者の立場に立てば、上述のようにキッチン完備でベッドルームも独立するなど、他のホテルと比べて余裕の住環境。別荘に滞在するのと同様な感覚で、お値打ちといってよいでしょう。

タイプ別ルームの一例

バカンス満喫の力強い味方「トランプアタシェイ」サービス

最後に、トランプタワー・ワイキキを“完結させる”のが、「トランプアタシェイ」というサービス。一言で言うと、ホテルのコンシェルジュとゲストリレーションが合わさったもの。
ゲストの要望に柔軟で細やかに応えてくれる通常のコンシェルジュサービスが、あくまでホテル滞在期間中だけに限られるものだとしたら、「トランプアタシェイ」は宿泊が決定した時点、滞在前からリクエストを出すことが可能というもの。
例えば、「到着日に合わせて、冷蔵庫に2日分の食材を買って入れておいて欲しい」とか、「到着便に合わせて空港のレンタカーを手配して欲しい」とか、「部屋に友人を招いてパーティをするから、ケータリングを手配しておいて欲しい」といった要望もOK。 加えて、ゲスト情報を記録・蓄積して次回滞在時に生かし、ゲスト一人ひとりにカスタマイズした、万全のバカンス体勢作りを力強いサポートしてくれる。

いかがでしょう、新しいワイキキステイを創り出せそうな、このトランプタワー・ワイキキ。旅慣れた人ほど、使いこなし甲斐がありそうです!
年に幾度もハワイへ、さまざまな冒険・挑戦に訪れるファウストな皆様は、トライアルとして一度ホテル宿泊してみてはいかがでしょうか。

 

スパ、ジム、プール、レストランなど付帯施設も充実

SPA 

「ザ・スパ・アット・トランプ」では、「CALM(平静)」「BALANCE(調和)」「PURIFY(浄化)」「HEAL(癒し)」「REVITALIZE(回復)」の5つのコンセプトを軸に、各ゲストにカスタマイズされた施術を提供。ダイヤモンド、エメラルド、ルビーなどを浸したフラワー&ハーブエッセンスオイルを用いる「ジェムストーン・トリートメント」(90分260ドル~)など各種サロンサービスが充実。

 

RESTAURANT

1階にはNYで評判のトップシェフ、ローラン・トゥーロンデルスによるスタイリッシュなステーキレストラン「BLTステーキ」。6階のフロントフロアには、ラウンジ、レストランバー「ワイオル」(写真) 。

 

FITNESS & POOL

6階のフロントフロアには水面が水平線と一体化するようなインフィニティプールが。 フィットネスセンターにはテクノジムによる最先端トレーニングマシーンが完備。

 

Data

Trump International Hotel & Tower Waikiki Beach Walk
223 Saratoga Road, Honolulu, Hawaii 96815
予約:TEL. 808.683.7777
TrumpWaikiki@trumphotels.com  
http://www.trumpwaikikihotel.co.jp/

Back Number

Travel

このカテゴリーのインデックス

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂