HOME > SENSE > Travel > 土日でカジノ腕試しにひと飛び!? ソウル「セブンラック」がリニューアルオープン

画像

土日でカジノ腕試しにひと飛び!?
ソウル「セブンラック」がリニューアルオープン

VIPルーム「SPICA」は、乙女座のアルファ星スピカがテーマ。古代ローマ人が豊作を祈り崇拝した大地の女神デメテルが握っている“麦の穂”に由来する星だ。トップ写真:ソウル江南店のファサード。夜は華やかにカラフルにライトアップされる。

アジアのカジノ市場は、年末にシンガポールでの巨大カジノリゾートのオープン(段階的)を控え、近年一気に加熱の様相を呈しています。ビジネス面でもプライベート面でも、見逃せない動向ではないでしょうか。

“ゲームという頭脳スポーツ”を追求するファウスト、本田と赤木がドリームコンビを組み、韓国・ソウルでバカラ大会に挑んだものの、残念ながら惜敗に終わった、という話は先日のスモールトーク(11・5UP)でお伝えしたとおり。
同大会は、「セブンラックカジノ ソウル江南店」の増床リニューアルオープンを記念して催されたイベントでしたが、今回のリニューアルは、日本のカジノファンにとっては嬉しいニュース。なんといっても、羽田空港から金浦空港までわずか2時間25分のフライトで到着する、日本最寄りのカジノのパワーアップなのですから。

3階のレセプション。ランダムな壁の模様を介した間接照明が、フロアに浮かびあがる。
3階のVIPルーム5室はそれぞれにテーマが設けられ、異なった雰囲気に設えられている。「RED DRACO」は、ギリシャ神話でゼウスのりんご木を守っていた巨大な火竜がテーマ。

これまでソウル江南店は、2006年1月の開業以来、2階建て2フロア(820坪)のみで営業してきましたが、今年10月に83億ウォン(約6億4400万円)を投資し約3ヶ月をかけて3階を新設、1階をリノベーションしました。3階は2階と同じ820坪の広さに、5室のVIPルームとゲームテーブル19卓を備えたオープンホールで構成され、よりハイローラーを意識したフロアとして誕生。目玉はやはりVIPルーム。「ゲーム経験度の高い顧客層の嗜好に合わせて(柔軟な)遊び方を提供する」(広報)と言うだけに、最も人気があるのはバカラのテーブルのようです。
インテリアは韓国の著名デザイン事務所KUKBO DESIGNが担当し、従来の韓国様式を思わせる2階フロアからは一転、モダンでオリエンタルな雰囲気に。特にVIPルームは、デザイン性の高いソファや照明が配されて、優美な設え。壁にはヨーロッパの印象派や韓国の古典美術をモチーフにしたCGアニメーション絵画が、トリッキーな空間を演出しています。

そして見逃せないのが、1階に新設されたポーカー専用フロア。ベットしたチップが主にプレーヤー間でのやり取りになるため、カジノの利益になりづらいとされるポーカーに、専用フロアを新設するのは、ある意味英断。称賛に値すると言えるでしょう。
ポーカーは、QUEST♯010「Poker Face」にて赤木キャプテン率いるポーカーチームが挑んだ、WSOP(ポーカーの世界選手権)のような巨大な大会が開かれるように、アメリカやヨーロッパでは“スキルスポーツ”として認められ、大きなプレイヤー人口とファン人口を誇る人気のゲーム。このフロアは、今後のイメージアップとプレイ人口増加に貢献するかも知れません。

今回のリニューアルによりソウル江南店は、ゲームテーブル74台とスロットマシン112台を保有するカジノへと生まれ変わりました。ソウル駅近くのヒルトンホテル内には、バカラ大会の会場となった「セブンラックカジノ ミレニアムソウルヒルトン店」もあります。
今やソウルは、アクティブな日本人にとって最も気軽で魅力的な海外都市。羽田からソウルへ“カジノ腕試し”にひとっ飛びというのも、土日の過ごし方のひとつかもしれません。

 

3階のオープンホールにはドリンクなどを提供するアイランドカウンターと飲食スペースも。
5テーブルを構える、1階のポーカーフロア。

Data

Back Number

Travel

このカテゴリーのインデックス

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂