HOME > SENSE > Travel > ドバイで42.195㎞ 狙うは世界新で125万ドル!?

画像

ドバイで42.195㎞
狙うは世界新で125万ドル!?

ジュメイラ・パーク沿いを走るランナーたち。白い砂浜と高層ビルの間をひた走ります。42.195㎞のフルマラソン以外に10㎞、3㎞のコースもあり。万人が参加できる大会です。トップ写真:アフリカ大陸出身の選手が多いのは、ドバイマラソンの特徴。アフリカ各所から集結した応援団のリズミカルな音楽とダンスも見もの。

100年来といわれる世界不況真っ只中のご時世ですが、「アラブのオイルマネーは不滅か!?」と驚かされるビッグイベントが、今年1月16日(金)にドバイで開催されました。毎年1月に開催され、今年で5回目を迎える「ドバイマラソン」です。
アラブ首長国連邦の副大統領にして、ドバイ首長でもあるシェイク・モハメッド・ビン・ラシード・アル・マクトゥム氏のバックアップのもと、ドバイスポーツ評議会が主催するマラソン大会です。
フルマラソンの優勝賞金は、なんと男女ともに25万ドル(約2500万円弱)! 距離別にいくつかレースがあり、その賞金総額は100万ドル(約1億円弱)というから驚きです。これまでに開催された世界各地を代表する公式フルマラソン賞金の最高金額が12.5万ドルなので、その倍額です。さらに世界記録を破れば、ドバイ国営の金融会社「ドバイ・ホールディング」より、フルマラソンのレースの賞金としては破格の100万ドルのボーナスが提供されるのです。

今年度は、欧州からを中心に1万人強のランナーが参戦。起伏が少なく走り易いコースが人気で、ドバイでのバカンスを兼ねて参戦する人々が多いのも特徴。ザビールパークを起点とし、アラビア海で最も美しいといわれるジュメイラビーチ沿いのジュメイラロードを走るコースは爽快の極みとなります。

フルマラソンのスタートは朝6時30分。ドバイとはいえ1月のこの時間はやや肌寒いのですがマラソンには絶好の条件。今年は8時頃から雨が降り始め、観客たちは凍えながら応援していましたが、ケニアとエチオピア人の応援団だけは大盛り上がり。太鼓を打ち鳴らし、歌とダンスで寒さを吹き飛ばす姿は何とも愛嬌たっぷりです。
実は、過去の優勝者はすべてケニア人かエチオピア人で、今年も男性部門では、去年の優勝者、エチオピアのエイレ・ゲブレセラシェ選手が2時間4分53秒と圧倒的な速さで優勝をおさめました。世界記録ボーナスはありませんでしたが、上位入賞者は全員がアフリカ人。熱い応援団に応えた結果となりました。
来年も同大会は1月に開催予定。ですのでいかがでしょう。これからトレーニングを開始して、次の新年はドバイのリゾートで迎えつつ、マラソンで体力の限界に挑戦し、ついでに125万ドルのちょっと大きめなお年玉をゲットする、なんてバカンスは。

左写真:大会終了後は、現地ならではのバカンスをどうぞ。これは砂漠でのジープサファリ。数ヘクタールに及ぶ砂漠地帯を4駆で走り抜けます。

Data

ドバイ観光局

http://www.dubaitourism.ae/Home/tabid/36/language/ja-JP/

ドバイ・マラソン公式サイト

http://www.dubaimarathon.org

Back Number

Travel

このカテゴリーのインデックス

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂