HOME > SENSE > SENSE > モナコからヴェネツィアまで1,400km 42台のヴィンテージカーが繰り広げた、走りと美の競演 LOUIS VUITTON CLASSIC SERENISSIMA RUN 2012  

画像

モナコからヴェネツィアまで1,400km
42台のヴィンテージカーが繰り広げた、走りと美の競演

LOUIS VUITTON CLASSIC SERENISSIMA RUN 2012

 

1897年、自動車での長距離旅行用トランクを発表して以来、「ルイ・ヴィトン」と自動車とは深い関係にある。「Art of Travel」(旅の真髄<こころ>)の精神が息づく製品を展開するルイ・ヴィトンは、1993年よりクラシックカーラリーを主催。今年は南欧を舞台にした「ルイ・ヴィトン クラシック セレニッシマ ラン」を4月24日から28日までの間開催した。

From Faust A.G. Channel on [YouTube]

美しい景色の中を、美しいデザインのヴィンテージカーが駆け抜ける。
★【YouTube:FaustA.G.チャンネル】でもご覧いただけます(スマートフォンの方 はこちらがオススメ)

42台のクラシックカーが、モナコ・モンテカルロを出発し、フランス、スイス、イタリアの国境を超え、ヴェネツィアまで約1,400kmの距離を4日間かけて走破するカーラリー。美しい山岳地帯や湖畔、そして中世の面影を残す街並みを、途中、シャトー・ド・マントンの聳える街、マントン・サン・ベルナール、美しいマッジョーレ湖に面したストレーザ、シェイクスピアの戯曲「ヴェローナの二紳士」「ロミオとジュリエット」の舞台としても有名なヴェローナを駆け抜け、ルイ・ヴィトンのシューズのアトリエを構えるフィエッソ・ダルティコを経由し、ゴール地点である「最も高貴なる共和国」(=Serenissima Repubblica di Venezia)、ヴェネツィアを目指した。

1993年、シンガポールからクアルンプールを駆け抜けた「ヴィンテージ イクエイター ラン」に始まり、中国や東欧の地で開催してきたルイ・ヴィトン主催のクラシックカーラリーは、今年で7回目を迎えた。開催の前日の23日には、前夜祭として2011年度の「ルイ・ヴィトン クラシック アワーズ」の授賞式が行なわれた。プレゼンターを務めたのは同メゾン5代目当主のパトリック-ルイ・ヴィトン氏、そして審査委員長であるクリスチャン・フィリプセン氏。2005年より同メゾンは2つの賞を設け、それぞれの一台に賞を贈呈してきた。ひとつは世界で最も権威のあるモーターショーで「ベスト・オブ・ショー」に選出された中からの一台に贈られる「ルイ・ヴィトン クラシックコンクール アワード」。今回は、「1938 Mercedes-Benz 540 K ‘Autobahnkurier’」が受賞した。そしてもうひとつのアワードは、現在発表されている数々のプロトタイプカーから最も将来的に可能性を秘めた一台に贈られる「ルイ・ヴィトン クラシック コンセプト アワード」。しかし今回は該当車がなく、例外として将来有望なクルマの開発が期待されるデザインラボラトリー、G-スタジオに賞が贈られた。

写真左から、「コンセプト アワード」を受賞したG-StudioのPierangelo Maffiodo氏、Christian Philippsen氏、Lorenz Van Den Acker氏(ルノー)、Patrick Le Quement氏、Patrick-Louis Vuitton氏
「コンクール アワード」贈呈式。写真左から審査委員長のChristian Philippsen氏, Patrick-Louis Vuitton氏, Arturo et Deborah Keller氏。

さて、モナコを出発したヴィンテージカー42台の行く手に待っていたのは、美しい景観とクラシックなホテル、雄大な景色や道々で味わうその土地ならではの美食やワイン…。ドライバーたちはそれらを堪能したが、山岳地帯に入るにつれ、辺りは厚い雲に覆われ、雪道が行く手を阻む厳しい場面もあった。この過酷な状況に、何台ものヴィンテージカーが次々にリタイヤへと追い込まれた。



From Faust A.G. Channel on [YouTube]

雪道や冷たい雨が降りしきる中、走り続ける参加者たち。
★【YouTube:FaustA.G.チャンネル】でもご覧いただけます(スマートフォンの方 はこちらがオススメ)

4日目、第一位でゴールした「1923 ブガッティ タイプ23」が最優秀賞を受賞。そして見事に完走した 99年前に製造された「イソッタ フラスキーニ IM」には特別賞が贈られた。クロージング・セレモニーは、サン・ジョルジョ島に場所を移して開催。参加したクラシックカーはフェリーで運ばれ、広場で特別展示された。ブラックタイにタキシード姿の参加者たちは自慢のヴィンテージカーとの、夢のような4日間の冒険を振り返りながら、互いを労った。ルイ・ヴィトンとクルマ文化が共に歩んできた歴史に、新たなストーリーを刻んだ「ルイ・ヴィトン クラシック セレニッシマ・ラン」はこうして幕を閉じた。

最優秀賞を受賞した「1923 Bugatti Type 23」と特別賞の「1913 Isotta Fraschini」。

From Faust A.G. Channel on [YouTube]

サン・ジョルジョ島にヴィンテージカーが集結した。
★【YouTube:FaustA.G.チャンネル】でもご覧いただけます(スマートフォンの方 はこちらがオススメ)

Data

ルイ・ヴィトン クラシック セレニッシマ・ラン
開催地:モナコ・モンテカルロ〜イタリア・ヴェネツィア
開催期間:4月24日〜28日

ルイ・ヴィトン公式サイト
http://www.louisvuitton.com

Back Number

SENSE

このカテゴリーのインデックス

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂