HOME > SENSE > MACHINE > ランボルギーニの新スパイダー 銀座ビル屋上にて日本発披露 Lamborghini LP 550-2 Gallardo

画像

ランボルギーニの新スパイダー
銀座ビル屋上にて日本発披露
Lamborghini LP 550-2 Gallardo

毎回、見る者に刺激的な演出を行ってくれるランボルギーニの新車発表会。今回は銀座のビル屋上レストランのラグジュアリーな空間で華やかに開催された。
3月末、ランボルギーニは、銀座のブランドストリートのランドマーク的存在である、ブルガリ ホテルズ&リゾート・東京レストラン「ラ テラッツア・ラウンジ」(ブルガリ銀座タワー屋上)に、展示されていた。シックなブラックのステージによく似合う。どこから搬入したのか不思議に思っていたら、すぐにその疑問は解消された。どれだけの手間と費用がかかるのかわからないが、タワー屋上までクレーンで吊り上げる過程を映し出したビデオが流されていたからだ。見るものにインパクトを与えるランボルギーニらしい演出だ。
さらに会場ではランボルギーニをイメージした、イタリアブランド「ロベルト カヴァリ」によるファッションショーが行われた。それぞれのスタイリングにブルガリのジュエリーをコーディネートした豪華なコラボレーションが、集まったプレス関係者の目を楽しませてくれた。

From Faust A.G. Channel on [YouTube]

ランボルギーニをクレーンでブルガリ銀座タワー屋上までリフトアップ!
★【YouTube:FaustA.G.チャンネル】でもご覧いただけます(スマートフォンの方 はこちらがオススメ)

From Faust A.G. Channel on [YouTube]

当日の新車発表会とパーティの模様。
★【YouTube:FaustA.G.チャンネル】でもご覧いただけます(スマートフォンの方 はこちらがオススメ)

個性的な後輪駆動の
「オープン・エア」スーパー・スポーツカー

ブルガリ銀座タワー屋上で行われた新車発表会の模様。
先鋭的なランボルギーニ・ガヤルドのウェッジシェイプのボディに、オープン・モデルともなれば、周囲の視線を釘付けにするのは止むを得ない。

ヨーロピアンブランドの多くがこのシーズンに、ロードスターモデルを投入する。クローズドボディのモデルに比べて、より非日常の魅惑的な香りがするオープン・モデルは実用性とはまた違う世界。運転そのものを楽しむ者にとって、ロードスターでの風を感じるドライビングは最高の悦びである。

さて、4輪駆動車とは異なり、クルマのパワーをより直接的に体感できる後輪駆動システムを採用する「ガヤルド LP 550-2 スパイダー」は、力強い走りを楽しみたいという、選ばれたドライバーのための最適なチューニングが施されている。容易にコントロール可能なステアリング特性と、専用開発されたESP システムにより、ガヤルドLP 550-2 スパイダーは極めて安全なスポーツカーとなっているのだ。

さらに詳しく述べよう。
このマシンにおける運転する愉しみと安全性を実現するため、サンタアガタ・ボロネーゼのエンジニアは、これまでのシステムに大きく手を入れ、この車の運動性能に新たな特性を生み出した。
駆動は後輪のみ。ダンパーのセッティングなど、車両の動的な側面を全面的に変更した。そのパワーフローの変化に対応して、エアロダイナミクス面も調整。最大45%のロック率を持つディファレンシャルと、e ギア・トランスミッションを搭載し、その走りに磨きをかけている。
さらにESPスタビリティ・コントロール・システムも後輪駆動に合わせて微調整。安定性を重視した「スタンダード」モード、より大きなドリフトが可能になる「CORSA」モードによって、ドライバーはマシンの動力性能を存分に楽しむことができる。またロールが少ない快適性、高速における直進安定性などは全て、これまでのガヤルド・シャシーから受け継がれた特徴となっている。

そして、心臓部となる5.2リッターV10エンジンは、後輪駆動用に再チューンされ、最適化されたもの。高回転のフィーリング、強力なパワー、個性的なパフォーマンス、あらゆる回転域でパワフルなサウンドが高レベルで融合し、乗る者を魅惑する。コンパクトで軽量ながら、搭載されるパワーユニットの最高出力は405kW(550PS)。ランボルギーニが採用する体系的な軽量設計と、わずか1,520kgの乾燥重量がもたらす圧倒的なパフォーマンスにより、0~100km/hの加速はわずか4.2 秒、最高速度は319km/h と究極のスーパーカーにふさわしい数値だ。
また、ガヤルド・スパイダーのソフトトップは、いかなる状態でもトップスピードでの走行が楽しめるようにデザインされている。これら全てが、アクティブ・ドライビングを楽しむドライバーのための、スペシャル・チューニングとなっていると言ってもいいだろう。

大型のエアー・インテークを持つガヤルドは闘牛の荒々しいイメージだけでなく、最先端技術を備えた未来的な武器のようでもある。
ロベルト カヴァリの華麗な衣装をまとったモデルたちとブルガリのきらびやかなイメージがガヤルドによく似合う。
クローズド・モデルをさらに高剛性にしつらえたボディはオープンボディであってもその圧倒的なパフォーマンスを曇らせることはない。

 

ランボルギーニ ガヤルド LP 550-2 スパイダー 主要スペック

 全長×全幅×全高 4345×1900×1184 mm
 ホイールベース 2560 mm
 重量 1520 kg
 エンジン 90度V型10気筒DOHC5.2リッター
 最高出力 405 kW(550 PS)/8000 rpm
 最大トルク PDK 540 Nm /65000 rpm
 トランスミッション 6速セミAT「e.gear」
 駆動方式 2WD(MR)
 車両本体価格(消費税込み) 24,435,600円

Data

ランボルギーニ カスタマーセンター TEL.0120-988-889
ランボルギーニ ジャパン公式サイト http://www.lamborghini.co.jp/

Back Number

MACHINE

このカテゴリーのインデックス

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂