HOME > SENSE > MACHINE > 小さなフェラーリという異名をもつ 限定アバルトが、キャンセル待ち!? Abarth 695 Tributo Ferrari

画像

小さなフェラーリという異名をもつ
限定アバルトが、キャンセル待ち!?

Abarth 695 Tributo Ferrari

コラボレーション、もしくはダブルネームという商品は、最近では特に珍しいというものではありませんが、自動車業界では古くからその製造が行われてきました。1970年代のリンカーンにはジバンシーやカルティエが内装を手掛けたモデルがありましたし、クラシックMINIのポール・スミス仕様もありました。また、自動車業界同士では、シボレーとロータスが共同開発したコルベットZR1が当時かなり話題となったハイパフォーマンスモデルです。最近ではマクラーレンとメルセデスのSLR、アルファとドゥカティの147ドゥカティ・コルセ、というのも記憶に新しいところ。
そんな中、さらに強力なモデルが姿を現しました。アバルト695トリブート・フェラーリです……。



とにかくスポーティなインパネまわり。ステアリングは赤と黒のコンビで、12時のところにイタリアンカラーが施される。また、ダッシュパネルはカーボン調のデカールで覆われる。これがかなりレーシー。
ナポリにある老舗バッグメーカー、トラモンターノ社製のボストンバッグ。ジップに“サソリ”マークの付いたオリジナルとなる。こうした付属品を揃えるのはさすが。ボディカバーやレザーの車検証入れ、専用キー&キーホルダーなどもある。

昨年10月、フィアットグループ・オートモビルズ・ジャパンは受注を開始。そして世界限定1696台のうちの150台を日本で販売し、約一週間で完売しました。また先月より、待望のデリバリーが開始されると、我々にも取材車が用意され、さっそくテストドライブを行うことに。
さて、目の前に現れたアバルト695トリブート・フェラーリ。これがものすごい存在感を放っていました。ボディはマラネロで使われる塗料と同じロッソコルサで塗られ、その中央には430スクーデリアばりのGTラインが入ります。パッと見の印象はまさにピッコロ(小さい)フェラーリといったところ。
では、中身はというと、ベースはアバルト500。お馴染みフィアット500の1.4リッターエンジンをターボで過給し、最高出力135psに仕上げたものです。
そしてそれに専用のフロントバンパーやリアエンドのディフューザー、17インチの専用ホイールなどが装着されました。赤く塗られたブレンボ製ブレーキキャリパーも出色です。
エンジンは135psを180psにパワーアップした1.4リッター直4DOHC+ターボチャージャーが搭載されています。フィアット500が100psであることを考えると、このサイズには十分すぎるといえます。ただ走行モードをノーマルポジションで走った場合は、このパフォーマンスを十分に味わうことはできません。シングルクラッチの5速ATシーケンシャルギアボックスが低回転でシフトアップを繰り返すからです。これはデータ上好燃費を出すためのプログラミングとなります。なので、“走り”を期待するならスポーツモードにすることをおススメします。この状態でパドルシフトを駆使して走らせるのがトリブート・フェラーリの真骨頂です。

随所に垣間見える
「フェラーリ」の質感

走り出して感動するのはエグゾーストサウンドも同様です。レコード・モンツァと呼ばれる排気システムが3000回転あたりから乾いた高音を発します。残念ながらV8フェラーリのあの官能的なサウンドとまではいきませんが、なかなかいい仕上がり。目に見えないところまでチューニングしているのがこのクルマの醍醐味かもしれません。
インテリアに目を向けると、コクピットのデザインがそうした走り以上にレースの世界観を盛り上げます。フェラーリが採用しているイェーガー製のメーターやトリコロールのアクセントが付くレザーステアリング、それとカーボンシェルにレザーを貼ったバケットシートがフェラーリ風です。ダッシュパネルのカーボン調パネルもいいアクセントといえるでしょう。
ちなみに、「トリブート」は英語の「トリビュート」をイタリア語で記したものです。意味は賞賛や尊敬といったところ。F1で活躍するフェラーリに対するアバルトの心情ともとれます。
ところでアバルト695トリブート・フェラーリには付属品も魅力的なものが備わってきます。ナポリにある老舗バッグメーカー、トラモンターノ社製のボストンバッグがふたつとオリジナルのボディカバーやレザーの車検証入れ、専用キー&キーホルダーといった品々です。どれもイタリアン・デザインのオシャレなもの。周辺グッズといっても妥協のないクオリティの高いものが選ばれています。
アバルト695トリブート・フェラーリは569万5000円というプライスタグが付きます。当然フェラーリよりは安いですが、サイズからすると高価なモデルといえます。ですが、今回実車を目の前にし、かつテストドライブしてみると、この金額が妥当であることがよくわかりました。もしかしたらバーゲンプライスかもしれません。細部のつくりはもちろん、いくら自動車業界がコラボ好きでもこれだけの夢の競演は二度とないのでは。
コレクターズアイテムとしても魅力的で、その観点からしてもこのクルマを手に入れる優位性は高いのです。興味を持たれた方は是非キャンセル待ちにトライしてみては? チャンスはきっと巡ってくるはずです!

左写真(エンブレム):“695”はかつてアバルトが旧型チンクエチェントをチューニングしたときの排気量。500ccを695ccにアップしたという意味。で、新型もそれを継承するが、排気量は1.4リッターなので、そこはお間違いなく。それにしても、サソリとFERRARIのロゴがかっこいい。中央写真(シート):シートはアバルトのロゴの入ったヘッドレスト一体のバケットタイプ。カーボンのシェルにレザーを貼った構造で、スタンダードのシートより一脚で約10kg軽量されている。右写真(エンジン):パワーアップされた1.4リッター直4+ターボエンジンは写真のように横置きされる。そしてその上に“サソリ”のマークの付いたカバーが被される。この赤もまたいい感じだ。

アバルト695トリブート・フェラーリ

 エンジン種類 直列4気筒DOHC+ターボ
 排気量 1,368cc
 レイアウト フロントエンジン前輪駆動
 最高出力 132kW(180ps)/5500rpm
 最大トルク 250N・m(25.5kgm)/3000rpm
 圧縮比 9.8:1
 変速機 ATモード付き5速シーケンシャル
 ディメンション 全長3655×全幅1625×全高1500mm
 ホイールベース 2300mm
 ハンドル位置
 乗車定員 4名
 価格 5,695,000 円(消費税込)

Data

フィアット グループ オートモービルズ ジャパン株式会社
http://www.fiat-auto.co.jp/

Back Number

MACHINE

このカテゴリーのインデックス

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂