HOME > SENSE > MACHINE > ボート界とファッション界の巨匠がコラボ! “美しすぎる”ボート

画像

ボート界とファッション界の巨匠がコラボ!
“美しすぎる”ボート

ヘルムステーション(操船席)のメータナセルは白いステアリング共々60thスポーツカーのそれ。大型3連メーターはセンターにコンパス、両サイドに左右のレブカウンター、水温計、油圧計が整然と並ぶ。Gucciホワイトの塗装が施されたコンソールを前に、ヘルムに立ちこのリーバを操る興奮は並みのものではない。

トップ写真:舞うように走るMAX41ノットの世界は、まるで手入れの行き届いた芝生の上をランニングするがごとく柔らかく、ライド感に満ちている。トランサムデッドライズ16.5度のモノへドロンハル。ハイクオリティ、ハイパフォーマンス。両サイドのGucciのロゴがエレガンスの極みを見せる。

どこに視線を合わせても思わず溜息のでる美しさ。かつてこれほどまでにセクシーなスポーツボートがあったでしょうか——?
2010年のカンヌ・ボートショウ新作の目玉は、ボートブランドのリーバとファッションブランドグッチとのコラボレーションによる「アクアリーバ バイ グッチ」でした。言わずと知れたリーバは、ミラノの北、イセオ湖畔サルニコで168年の歴史を誇るボート界の巨星。
かたやグッチオ・グッチがフィレンツェに店を開いたのは1921年のこと。グッチは来年2011年に創設90周年を迎えます。これを記念して、今回の美しいスポーツボートは生まれました。
内外装の随所にはグッチのクリエイティブ・ディレクター、フリーダ・ジャンニーニ女史のデザイニングが光ります。グッチ・オリジナルの艶やかなスーパーホワイトをモチーフに船体、デッキ、コクピットが仕立てられ、さらにシート類やサンパッドにはGGパターンが見られます。またグリーンとレッドの喫水線の塗り分けもグッチのカラーイメージ。サロンのクッションもグッチのホワイトコットンと、まさにグッチ・ワールド全開です。
何層ものマホガニー本杢の薄板を張り詰め、端正かつ精緻な白いコーミングとともに徹底した鏡面仕上げが施されたデッキやスイミングフォーム、その光沢には微塵のかげりもありません。ましてこのモデルには20回ものニス塗りと磨きを施したクラシック・バーニッシュ・フィニッシュが施され、深い白磁のようなホワイトと濃密なブラウンによる特別な輝きを放ちます。どのパーツの仕上がりも工芸品の趣であり、「アクアリーバ バイ グッチ」への驚嘆と賛美は留まることを知りません。

時代を越えたセレブたちの象徴

同じくしてお披露目されたボーティング・アイテム「リーバ バイ グッチ」のラインアップも必見です。スカーフ、サングラス、バッグ、ポーチ、ウォッチ、デッキシューズ、サンダルにブランケット。リーバとグッチのハイエンドなイタリアンワールドに誰もが夢見心地になるに違いありません。
かつて地中海を遊ぶブリジット・バルドーのそばには、つねにセレブ御用達のリーバがありました。ソフィア・ローレン、レニエ・モナコ大公、アリストテーレ・オナシスとマリア・カラス、リチャード・バートンとエリザベス・テーラー、映画『甘い生活・ドルチェ ヴィータ』のアニタエバーグetc……。彼らのライフスタイルに、リーバは欠かせない存在でした。もちろん現在でもハリウッドスターやF1パイロットが愛してやまない存在です。
33フィートのリーバボートは、ベースモデルより10万ユーロ高い船体価格59万ユーロ。世界一高価なボートです。今なら6ヶ月から7ヶ月待ち、来年の夏には充分間に合いますが、受注生産ゆえに世界のセレブにはうれしくもあり、一方で、入手困難という新たな悩みを与えてしまったようです。
このボートのテーマは「クラシカル・エレガンス」。コートダジュールの強烈な日差しの中でスーパーホワイトの船体が反射光のあでやかな煌きを見せます。乗り込む前にその造形美の虜になると、マホガニーのステップから素足で乗船。そして真っ白なヘルムに座る——。
La Dolce Vita! これほどに男と女の胸を焦がすスポーツボートをあなたは見たことがあったでしょうか?

 

「リーバ カプセル コレクション」のラインアップ。スカーフ、サングラス、バッグ、ポーチ、ウォッチ、デッキシューズ、サンダルにブランケット。マリンシーンに清廉なインパクトを与えたこのアイテム類、よしんばボートは持てなくとも是非身に付けたい。グッチ銀座・グッチ青山・阪急百貨店メンズ館2階 グッチ メンズショップ限定販売。
SPEC
全長:10.07m/全幅:2.80m/喫水:0.9m
搭載エンジン:2×ヤンマー6LY3/UTP
最大出力:380mhp(279kw)/3300rpm
最高速度:41knot/巡航速度:36knot
燃料タンク容量:480L/清水タンク容量:130L
重量:5,750kg

Data

問い合わせ先
株式会社リュウカンパニー RIVA YACHT JAPAN
TEL:046-876-3646
Email:riva-japan@lyucompany.com
www.riva-yacht.com

GUCCI/GUCCI JAPAN グッチ ジャパン カスタマーサービス
TEL:03-5469-6611
www.gucci.com

Back Number

MACHINE

このカテゴリーのインデックス

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂