HOME > SENSE > MACHINE >   大空を舞う自動車実用化へ 初飛行に成功!  

画像

 

大空を舞う自動車実用化へ
初飛行に成功!

 

2009月3月5日に成功した初飛行。

潜水艦に変身した「007」のボンドカー、タイムマシンになって過去や未来を行き来した「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の「デロリアン」のように、フィクションの世界では、水中や空中、時間空間までも自由自在に駆け回ることができる自動車が常に登場しています。私たちの日常生活でも、交通渋滞に巻き込まれたときに、「このまま車が空が飛べたら……」と願わずにはいられません。タイムマシンまでは難しいとしても、「空飛ぶ自動車」の開発に関しては、アメリカの大手自動車メーカーをはじめ、さまざまな企業が挑戦し続けていますが、これまで実用化にはいたっていませんでした。そんな中アメリカから、実用車の試験走行、いや試験飛行に成功したというニュースが届きました!

今年3月、空飛ぶ自動車の初飛行に成功したのは、2006年に創業したばかりの航空機ベンチャー企業「テラフージア」社が開発した「トランジッションTransition®」です。ニューヨーク州ピッツバーグのピッツバーグ国際飛行場で行われ、退役空軍大佐フィル・ミーター氏が操縦。発進から37秒後に離陸し、安定した飛行を続けた後、無事着陸したとのこと。ミーター氏は着陸後、「初めてのフライトは、きわめて“平凡”だった」とコメント。つまり、米空軍で数千時間の操縦を経験した彼にとっても「優れた飛行機とまったく変わらない飛行」だったそうなのです。

ガソリンスタンドで「トランジッション」の横に立つ「テラフージア」社CEO/CTO のカール・ディートリッチ氏。

「トランジッション」は2シーター。小型自動車に折りたたみ式の翼がついていて、飛行する際は翼を広げ、プロペラで飛びます。翼を閉じれば、車幅も6.8フィート(約2m)なので、通常の車庫に駐車が可能。飛行機から自動車への“変換”作業は、たった30秒でできるとのこと。ただし、自動車というより、“道路を走れる飛行機”といった方がよさそうで、離陸や着陸のために多少の滑走路が必要。パイロットとしての講座受講も必須です。

同社は、試験飛行の成功を受けて、2011年の納品に向けて生産に着手。価格は19万4000ドル(約1900万円)というこれまた“実用的”価格で、公式サイトからも予約を受付中です。ドライブの後、空港に向かってそのまま空の旅へ!? なんていう新たな旅の可能性も広がりそうです。

 

テスト飛行の様子。
自宅のパーキングで翼を伸ばしたところ。

Data

 

公式サイト

http://www.terrafugia.com/

 

Back Number

MACHINE

このカテゴリーのインデックス

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂