HOME > SENSE > MACHINE > ヘリ、ブガッティに続く パリで出会うエルメス仕様とは…?

画像

ヘリ、ブガッティに続く
パリで出会うエルメス仕様とは…?

豊かなヴィジュアル表現と、精緻なクラフトマンシップによって、最高のライフスタイル、とりわけ旅をテーマにその世界観を作り上げてきたエルメス。そのエ ルメスが、ロールス・ロイス・ファントム、フォーシーズンズホテル・ジョルジュサンクとのトリプルネームで、比類のないハイサービスを創り上げました。
エルメス仕様のユーロコプター社製ヘリコプターと、ブガッティ・ヴィエロンが、それぞれ約9〜10億円と、2億7800万円で発表され、話題に登ったのは比較的記憶に新しいこと。続いて今度は、エルメス仕様のロールス・ロイス・ファントムの誕生です。

エルメス仕様たる由縁は、同ブランドのインテリア・デザイン部門が結成した特別チームが、このたった1台のために一つひとつハンドメイドで作り上げた、イ ンテリアと装飾品。特筆すべきは、「スターライトヘッドライナー」と称する車内の天井です。無数のほのかに灯る小さなライトが敷き詰められ、文字通り星空 を思わせる天井は、優美で心休まる移動時間を創出してくれます。ハンドル、グローブコンパートメントなどは、エルメスの職人が特製カーフスキンを手作りで 誂えたものです。

この世界上で唯一無二のファントムは、フォーシーズンズホテル・ジョルジュサンク・パリが、同ホテルのゲストだけのために用意したもの。実はこのクルマのテーマカラーとホテルの空間とのバランスも、同ホテルのアートディレクター・ジェフ氏によって綿密に計算されています。
ファントムの星空の下、例えば、シャルル・ド・ゴール空港やノード駅からジョルジュサンクへ向かう限られた時間を、思い浮かべてみてください。ゲストは、 これまで訪れた数々の星空——チョモランマの凍てつく星空やフィヨルドのオーロラ、楽園のビーチで見た南十字星へと瞬く間にトリップできるのです。これは フォーシーズンズのゲストが「世界を旅することや、その価値が何ものにも代えられない最上のものだと知っている」と、エルメスが解釈しているからこその演 出だと言えでしょう。
まるで羽が生えているかのような力強くも滑らかな加速や極上のコノリーレザーのシートに代表される夢のような居住性を誇る、英国の至宝であるロールス・ロ イス。そのモディスティに、新たな旅空間を演出するエルメスのクラフトマンシップと精神。それを提供するフォーシーズンズのホスピタリティ。
パリに誕生した新たな星空を、是非。

トップ写真:夜は車内が星明りで浮かび上がる「スターライトヘッドライナー」。
左:コンパートメントはエルメス特製のカーフスキン。
右:フォーシーズンズの前につけられてこそ完成するコラボレーション。

Data

Four Seasons Hotel George V Paris 

31, avenue George V 75008 Paris, France  
Tel. +33 (0) 1 49 52 70 00
http://www.fourseasons.com/jp/paris/

 

エルメス仕様のロールス・ロイス・ファントム

貸切一日EUR3,800〜、送迎EUR750〜

Back Number

MACHINE

このカテゴリーのインデックス

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂