HOME > SENSE > EQUIPMENT > タフな冒険から目を守る 防弾レベル?のサングラス

画像

タフな冒険から目を守る
防弾レベル?のサングラス

「スティルス シーセーフ」(27,090円)は、総重量21gの超軽量デザイン。NXTソフトレンズには調光機能も備え、紫外線の量によって最適なカラートーンに。ノーズパッドには金属プレートを内蔵し、鼻の形に合わせて微調整することで確かなフィット感を得られます。

スリリングな冒険やアウトドアスポーツに挑む者たちにとって、サングラスは太陽光線や紫外線をシャットアウトするだけのものではありません。特にスポーツ用サングラスは、太陽光線の乱反射を抑えながら、コントラストを強める視覚効果も得られ、裸眼よりも鮮明な視界が確保できるのです。
例えばマウンテンバイクで山道を疾走する際には、障害物の視認性が向上し、危機回避とパフォーマンスアップの両面で重要な役割りを果たしてくれます。とはいえ、一般的なスポーツ用サングラスの場合、転倒時など衝撃への強度が心配。もしもレンズが割れようものなら、最悪の場合、眼にケガをしてしまう可能性も。
こうした問題をクリアしたのが今回、紹介するzerorh+(ゼロアールエイチプラス)のサングラスです。ベネトングループ会長の息子アレッサンドロ・ベネトン氏と、老舗スポーツサングラスブランド・ブリコの創始者アルベルト・ブリニョーレ氏が、“ピュア・スポーツ・ラグジュアリー”をコンセプトに立ち上げた同社。

 

ポイントは、全モデルに採用している画期的なレンズ「NXTソフトレンズ」にあります。“眼のエアバッグ”という異名を持つこのレンズは、米国陸軍の防弾プロテクター開発プロジェクトの中で生まれた、特殊ポリカーボネイト素材NXTをレンズに応用したもの。強度テストではマグナムの銃弾も貫通しなかったほど、驚異的な弾力性を備えています。
これならば不意のアクシデントに見舞われてもレンズが割れる心配はなく、パフォーマンスにも集中できるというわけ。イタリアでは自転車ロードレース界のスーパースター、マリオ・チポリーニを始め、多くのプロ・アスリートやアウトドアズマンたちが愛用していることからも、その信頼性の高さが伺えます。
ちなみにフレーム部分の素材は、軽量性と高い柔軟性を併せ持つグリアミドチタニウムという新素材。これを用いて激しく動いてもズレないけれど、ストレスを感じない絶妙なフィット感に仕上げていることも、アクティブな冒険者にとって嬉しい限りといえるでしょう。

左写真:同社のサングラスに採用されている「NXTレンズ」は、米陸軍の防弾プロテクター開発プロジェクトから生まれた新素材。公式サイトでは、「NXTレンズ」の強度を証明する動画を公開中。1m の至近距離から厚さ3cmのNXT素材のブロックに弾丸を打ち込む強度テストで、その驚異的な性能がわかります。トップ写真:細身のレンズシェイプに仕上げた「エンジェルフィッシュ シーセーフ」(23,940円)。こちらは総重量19gとさらに軽く、よりストレスの少ないフィット感を得られます。

Data

zerorh+(ゼロアールエイチプラス)

問/ゼロインダストリー TEL.03-3515-3044
http://www.zerorh.jp

Back Number

EQUIPMENT

このカテゴリーのインデックス

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂