HOME > ROAD > Road of APJC~ゴルフコンペ 年間シリーズ戦のレポート~ > Vol.09 待望のオーデマ ピゲと共催ゴルフコンペ 本年は120名超が参加! AUDEMARS PIGUET JAPAN CUP 2013 Powered by Faust A.G. At Eagle Point Golf Club

画像

Vol.09
待望のオーデマ ピゲと共催ゴルフコンペ
本年は120名超が参加!
AUDEMARS PIGUET JAPAN CUP 2013 Powered by Faust A.G.
At Eagle Point Golf Club

10月23日、秋が薫るイーグルポイントゴルフクラブ(茨城)にて、「オーデマ ピゲ ジャパン カップ パワードバイ ファウストA.G. 2013」が開催された。
このゴルフコンペは、スイス高級時計のオーデマ ピゲと、ファウストA.G.のコラボレーションにより一昨年から毎年開催されており、今年で3年目を迎えている。
ゴルフクラブには、今年度の開催を待ちわびたプレーヤーが、この大会では最大規模となる120名超が集まっていた。

事前の予報では、大型の台風が近づきつつあり天候が気がかりだったが、当日は台風上陸の直前となり、やや風はあったものの、晴れ間ものぞくゴルフ日よりとなった。
プレーヤーたちはその幸運を讃えつつ、朝8時すぎにクラブハウス前へと続々と集まり、オーデマ ピゲの時計台前にて全員での開会式が行われた。

ルールや注意事項などが共有された後、オーデマ ピゲのリテール ディレクター、ウィリアム・デュエル氏から、あいさつとともに開会が宣言された。全員で恒例の集合写真を撮影して、いよいよプレーへ。

今回は、総勢120名超という人数のため、スタートにはショットガンスタイルを採用。プレーヤーたちはひとしきり練習を終えると、それぞれのスタートホールへとクラブハウスを出発し、ティショットを放っていく
2013年も秋空のすがすがしいターフの上で、紳士、淑女たちのプレーが繰り広げられていった。

名物、豪華ホールインワン賞

さて、当ゴルフコンペ名物としてすっかり定着した、豪華賞品の数々は今年もずらりと揃った。
特に、ニアピンホールにかけられるホールインワン賞は、なんとオーデマ ピゲのウオッチ、それもメンズとレディースが1本ずつ提供されている。ティグランドに掲げられたその大看板にプレーヤーたちは足を止め、われこそはとばかりに最高のショットを期して打ち放つ。同シリーズではいまだ一回も出ていないホールインワン、今回こそそれを射止める幸運は舞い降りるのか。

ホールインワン賞

その1 「ジュール オーデマ・エクストラ シン/ピンクゴールドモデル〈メンズ〉」
(販売価格2,362,500円/提供:オーデマ ピゲ ジャパン株式会社)
その2 「ロイヤル オーク・クオーツ/ピンクゴールド ダイヤモデル〈レディース〉」
(販売価格2,205,000円/提供:オーデマ ピゲ ジャパン株式会社)
その3 「マジェスティ クラブフルセット」
(総額1,700,000円/提供:マルマン株式会社)
その4 「スイス・インターナショナル・エアライン ビジネスクラスで行くオーデマ ピゲ本社訪問ペアの旅」
(提供:スイス・インターナショナル・エアラインズ)

2時を回るころ、続々とそれぞれがプレーを終え、クラブハウスへと引き上げはじめた。お互いのプレーやスコアを讃えながら、お風呂で疲れと汗を洗い流し、ウェイティングルームで話に花を咲かしている。その一角では、オーデマ ピゲのオーナーに、愛用のウオッチと共に記念撮影をするサービスも行われた。

そうして午後4時、パーティ会場の用意が整い、ゲストたちは組ごとに席に着き、喉をうるおしながらオードブルをつつき始める。
アフターパーティと表彰式のスタートだ。
ここで、主催者のオーデマ ピゲ ジャパンのCEO、ジョナサン・キング氏が登壇し、ゲストらへ労いと感謝の言葉を贈る。
「来年は、この大会をさらにパワーアップさせて、アメリカでのオーデマ ピゲ カップの予選会として開催し、その優勝者を本大会へとご招待したいと考えています」
キング社長からの、おもてなしの精神あふれるサプライズな発表に、会場はさらに暖まり、ゲストらは「これは来年も出場しなくては」と期待感を募らせていた。
続いて、乾杯をファウストA.G.を運営するサイバードホールディングス代表の堀主知ロバートが行ない、ゴルフコンペの盛会を祝す。
「乾杯!」
パーティ会場に、グラスを交わす乾いた音と温かな笑い声が溢れた。

くつろいだ談笑に会場が満たされる中、スコアの集計がまとまり、プレーの表彰式へ。
豪華賞品が用意されるホールインワン賞には確率は低いながらも期待がかっていたが、やはり残念ながら今回も該当者は出なかった。
「やっぱりか」と落胆の声は上がるものの、「もしかしたら誰かが」という思いがつい期待をもたせてしまう賞となっており、それも名物のゆえんだろう。
ニアピン賞、ドラコン賞、続いて順位発表へ。新ぺリア方式である上に、下位から10位飛びで名前が読み上げられ、スコアが伸びなかった方にも、豪華賞品が次々と贈られていく。出場された方にできるだけ多く楽しんでいただき、日ごろの感謝を伝えたい、そんなオーデマ ピゲとファウストA.G.の思いからのことなのだが、これも当コンペらしいスタイルだろう。みな、つぎつぎと歓声と拍手の中、賞品を得ては仲間に讃えられ、笑顔をみせている。

左:優勝を飾った一木氏(右)。オーデマ ピゲ ジャパンのCEO、キング氏と。右:ベスグロを獲得した網野氏。

つづいて注目、今回のベスグロは網野保氏。ハイレベルなプレーに称賛が集まった。
総合上位を表彰する前には、女子の3位から1位までが表彰され、パーティに華やかさが溢れる。こうして盛り上がった最後に発表された、今回の優勝者は、一木勝氏だった。大きな拍手と歓声。トロフィーと共に、副賞として、オーデマ ピゲの置時計とオリジナルキャディバック、さらにパレスホテル東京のエグゼクティブスイート宿泊券(2食・スパトリートメント付)が贈られた。

こうして、2013年の「オーデマ ピゲ ジャパンカップ パワードバイ ファウストA.G.」は、暖かくも賑々しく盛り上がりを見せ、ゲストらはお互いの健闘を讃え合いながら、また次回の再会を口々に語りながら、お開きとなった。

最後に
参加された皆様、誠にありがとうございました。ファウストA.G.では2014年もゴルフコンペの開催を予定しています。
詳細が決まりましたらご案内を差し上げます。

 

記念写真につきまして

当日撮影しました皆さまの記念写真は、ご希望の方へデータにて無料にてお贈りいたしております。お写真を希望される方は下記までお問い合わせください。

ファウストA.G.運営事務局 APJC係 member@faust-ag.jp

 

Data

オーデマ ピゲ ジャパンカップ パワードバイ ファウストA.G. 2013
日にち:10月23日
場所:イーグルポイントゴルフクラブ
主催:
オーデマ ピゲ ジャパン
ファウスト・アドベンチャラーズ・ギルド(サイバードグループ)

Back Number

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂