HOME > ROAD > Road of APJC~ゴルフコンペ 年間シリーズ戦のレポート~ > Vol.04 2011年のトリを飾った師走の最終決戦 ついに年間総合チャンピオンが決定!! AUDEMARS PIGUET JAPAN CUP Powered by Faust A.G. At Eagle Point Golf Club

画像

Vol.04
2011年のトリを飾った師走の最終決戦
ついに年間総合チャンピオンが決定!!

AUDEMARS PIGUET JAPAN CUP Powered by Faust A.G.
At Eagle Point Golf Club

12月14日、「オ-デマ ピゲ ジャパン カップ パワ-ドバイファウストA.G.」の最終戦が茨城県のイ-グルポイントゴルフクラブで開催されました。天気予報はあいにくの雨でしたが、早朝まで冷たい雨が降っていたものの、午前9時過ぎには雨も止み、時折、陽も射すという回復を見せてくれました。
イ-グルポイントゴルフクラブは、平坦な立地にアップ&ダウンが意図的に施されているものの、林の中にあるフラットなレイアウトが特徴のコ-スです。この舞台で開催される最終戦は、このコンペの勝者を決めるばかりではなく、年間シリーズ4戦の総合王者を決める非常に重要な試合になります。
過去3戦の年間ポイントランキングは、1位が22ポイントの佐野知大さん、続いて21ポイントの澤田久さん、20ポイントの辻村崇さん、19ポイントの井上盛夫さん、17ポイントの網野保さんとなっています。この中から年間王者が誕生するのか、それともランキング外から逆転優勝を果たす選手が出てくるのか。男女合わせて100名の選手が最終戦と年間王者、2つのタイトルを賭けて、プレイスタ-トしたのです。

注目は、アウトの最終組とインの最終組。アウトの最終組には、年間ランキング1位の佐野さん、3位の辻村さん、4位の井上さんという総合優勝を狙う面々、さらに佐野さんの先輩で日大ゴルフ部OBの方という実力派が集まりました。一方、インの最終組には、年間ランキング2位の澤田さん、5位の網野さんが入り、それぞれ最終戦の優勝を睨みながら年間王者を狙います。
アウトのスタ-ト、佐野さんがいきなり豪快なショットを見せ、「よし、よし」と納得の表情。ダブルタイトル獲得、4戦連続のベスグロを目指します。辻村さんは、フェウアェイをキ-プする堅実なショット。思わず、「うまい」と佐野さんが感嘆の声を上げました。井上さんは、「楽しんでいきますよ」と、笑顔でのファ-ストショット。「行ってきます」とにこやかに手を振り、静かに闘志を燃やしてスタ-トしました。
一方、インの最終組ですが、成田の第2戦で準優勝、第3戦の小金井で優勝した澤田さんが、15番でまさかの4オ-バ-。このスコアの乱れが、年間王者争いに大きく影響していくのか……。網野さんは、インを39で回り、この日の優勝と年間王者を射程距離に捉えました。年間ランキング上位者による争いが激化する中、主役に躍り出たのは、果たして……。

息を呑む順位発表
4位受賞者にどよめきと拍手





どっぷりと陽が落ちた午後4時すぎ、レストランラウンジに、プレイを終えたプレイヤ-たちが集合してきました。乾杯のご発声は、ファウストゴルフチ-ムのキャプテン西林基樹さん。「来年もハッピ-なゴルフをして行きましょう」とスピ-チで会場を沸かせ、パ-ティ-が始まりました。
まずは恒例のラッフル(チャリティ抽選会)ですが、最終戦ということもあり、今回は30点もの商品が当たる大チャンス。クジ運の強さを見せ、3点の商品を引き当てた方も出て、「もってるなぁ-」と会場から声が飛んでいました。
次に、ついに今回の順位発表です。ニアピン賞から各賞の表彰が始まりました。ホ-ルインワン賞では「アウディA1」、「オ-デマ ピゲ ロイヤル オ-ク オフショア クロノグラフ」などが用意されていましたが、今回もホ-ルインワンは出ずじまい。ですが、それで賞品もなしでは無粋だろうと、急きょ、主催者オーデマ ピゲの麦野豪さんから、新たに「アウディA1」を競うゴルフコンペを2012年に催すことが発表され、会場はドッと沸きました。
続いて、70位、60位、50位……10位と順位発表は進みましたが、5位までの間に年間ランキング上位5人の名前が一人も出てきません……。会場はいつしか話し声が途絶え、読み上げられる名前に耳を澄まして聞いています。ついに4位の発表の時、年間ランキングで4位につけていた井上さんの名前が呼ばれました。その瞬間、「おぉ~」というどよめきが起こり、井上さんに大きな拍手が送られました。年間王者の有力候補に躍り出たというわけです。明るく、親しみやすい人柄で、多くのプレイヤ-から愛されているのが、よく分かります。
ベスト3発表の前に、ベスグロが発表されました。過去3戦は、佐野さんが日大ゴルフ部OBの底力を見せて連続受賞し、4戦連続を目指していました。しかし、今回ベスグロを獲ったのは、杉田晃浩さん。司会者により「杉田さんのスコアは75で、辻村さんと同点でしたが、マッチングにより杉田さんとなりました」というアナウンスがあり、この好スコアにより、「年間王者は辻村さんかな」という声があちこちで上がります。そして佐野さんは次点。隠しホール次第ですが、佐野さん、辻村さんもこの大会の上位に入っている可能性が非常に高かったのです。

総合4位からの逆転劇
愛される年間チャンピオン誕生 

女子の優勝者は、稲見幸子さん。実はこれまで4戦全てで表彰パ-ティ-の司会を務めていた彼女が、最終戦は自らクラブを握って見事、初優勝を収めました。
男子の3位は、長谷春義さん。2位は、今福浩之さん。そしてドラムロ-ルが鳴り響く中、最後に名前を呼ばれたのは、ベスグロも獲得した杉田さんでした。バカラ製の優勝トロフィ-を手にすると、「来年も出られるようでしたら、頑張って優勝したいです。よろしくお願いします」と、謙虚なスピ-チ。西林さんに誘われての初参戦とのことでしたが、堅実なゴルフでベスグロを獲りつつ、最終戦を制したのです。
さて、残すところは、男女の年間チャンピオンの発表のみ。盛り上がっていた会場でしたが、この時ばかりは緊張感と高揚感に満ちてゆき、水を打ったような静けさに包まれました。女子の総合チャンピオンは、上田桃子さん。この最終戦も出場する予定でしたが、残念ながら直前に欠場に。それでも女子では圧倒的な強さを見せ、タイトル獲得となりました。
そして、いよいよ男子です。
再びドラムロールが鳴り響き、会場が息をのんで見守る中……
「年間チャンピオンは、井上盛夫さんです」
アナウンスされた瞬間、会場は歓声と拍手で、この日一番の盛り上がりを見せました。井上さんは立ち上がり、「よっしゃー」と両手でガッツポ-ズ。満面に笑みを浮かべて、祝福してくれる仲間と握手、握手、握手……。
「ダブルボギ-でスタ-トして、2番でトリプルボギ-して。優勝するにはそれぐらいしないといけないなって思っていたんですが(笑)……正直、ビックリです。佐野君や辻村君とか、上の人がコケてくれたんで、もうラッキ-の一言です。本当に、ありがとうございます」



優勝カップと時計を授与されると、なんと仲間から「祝杯だ」とばかりに優勝カップにビ-ルが注がれ、それを一気呑み。会場のボルテ-ジは一段と上がり、割れんばかりの大きな拍手で勝者を讃えたのでした。ちなみに井上さんの年間ポイントは、ト-タルで28ポイント。4位からの大逆転優勝でした。
年間4戦を戦い、年間チャンピオンを決めるという壮大なレ-スは、初代チャンピオンに井上さんが輝き、無事に閉幕することができました。主催者の麦野さんは、2012年も大会続行を表明しており、来年は今年以上に多くのプレイヤ-に支持され、熱い戦いが繰り広げられるに違いありません。

 

 

Data

オーデマ ピゲ ジャパンカップ パワードバイ ファウストA.G.第4戦
日にち:12月14日
場所:イーグルポイントゴルフクラブ
主催:
オーデマ ピゲ ジャパン (http://www.audemarspiguet-ginza.jp/
ファウスト・アドベンチャラーズ・ギルド(サイバードグループ)

協賛

 

Back Number

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂