HOME > NETWORK > San Francisco > 自分仕様のプレミアムワインをプロデュース!

San Francisco

画像

自分仕様のプレミアムワインをプロデュース!

■Crushpad クラッシュパッド

好みの葡萄を選び、ラベルもデザインして自分だけのワインが造れたら。ワイン好きなら誰もが一度は願うこと。サンフランシスコ、ポトレーロ・ヒル地区にある「Crush Pad(クラッシュパッド)」本社では、そんな夢がいとも簡単に叶ってしまうのだ。
まずは造りたいワインのスタイルを決めて、プランを作成。もちろん、プロの醸造家が葡萄選びからブレンディング、瓶詰め、ラベル作成など、様々なサポートを提供してくれるので全く初めてでも安心だ。葡萄は、西海岸で契約している約50の有名な畑から調達。希望すれば、葡萄の仕分作業に参加したり、テイスティングに訪れてブレンディングの最終決定もできる。
そんな自分仕様のワインを造るという、本当に心躍る体験を可能にしたのは、ハイテク企業に勤めていたマイケル・ブリル氏。友人に頼まれてガレージでワイン造りをしていたのを、2004年にビジネスとして展開したそう。それ以来、急成長を遂げ、今やその規模、質とも全米ナンバー1となった。そして、2007年には日本法人も設立。現在は日本からでもオリジナル・ワイン造りが可能に。ディレクターの神田真氏は現地に滞在し、日本にいる顧客とワイン醸造家の橋渡しの役目を担っている。
気になる費用は、12ケースのワインを造るのに60〜70万円。プラン作成から実際のワインが手元に届くまで、約1年〜2年ほどの期間が必要となる。自分が造ったワイン、あなたならどんなシーンで活用するだろうか?記念日、お祝い、サプライズ……etc。その活用法を考えただけでも、ワクワクしてくる。

<サンフランシスコ:上田敏子>
 

 

Data

■Crushpad Inc.:2573 3rd Street, San Francisco CA 94107
■Tel. +1 877-946-3404
■E-mail. makoto.kanda@crushpadwine.com (Mr. Makoto Kanda: 日本語可)
http://www.crushpadwine.com
http://www.crushpad.jp(日本語)

Back Numebr

Networks

Page Top


  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • 冒険のクロニクル  Presented by BREITLING
  • Award Archive
  • ファウスト魂